サイトヘッダー
2023.05.22

アイスコーヒーがおいしい季節になりました

アイスコーヒーがおいしい季節になりました

ご自宅でおいしいアイスコーヒーを

昼間は汗ばむ日もあり、そろそろアイスコーヒーが飲みたい季節です。
おいしい一杯を淹れるための2つの方法を、DEAN & DELUCAのバリスタがご紹介します。
ご自宅でも、コツを掴み、キッチンツールと少しの専用器具、そして新鮮なコーヒーがあれば
自分好みの本格的なアイスコーヒーをいつでも味わえます。

 

夏季限定|サマーブレンドが今年も登場

サマーブレンド
サマーブレンド 227g(粉) ¥1,620税込
選りすぐった二つの素晴らしい産地のオリジンが織りなす、複雑で力強い味わいのサマーブレンドです。熟したブラックベリーのような芳醇な香り、キャラメルやダークチョコレートを感じさせるコクのあるボディ、スパイスのような余韻に仕あげました。コーヒー本来の旨みがたのしめる水出しアイスコーヒーにもおすすめです。
YouTube
play

1. フィルターインボトルで淹れる

水出しアイスコーヒー

水出しアイスコーヒーは時間をかけてゆっくり抽出するため、まろやかさと甘みが増して、すっきりとした飲み口に。抽出に7〜8時間と時間がかかるものの、前日の夜に準備をしておけば、翌朝にはしっかり冷えたアイスコーヒーが味わえます。

用意するもの
・フィルターイン コーヒーボトル
・サマーブレンド (中細挽き) 65g
・水 700ml
 STEP 1.
STEP 1.
ストレーナーにコーヒー粉を入れて、蓋にはめ合わせてセットします。

 STEP 2.
STEP 2.
水を静かに注ぎ入れ、ゆっくり左右に振りコーヒー粉に水をなじませます。

STEP 3.
STEP 3.
冷蔵庫で8~10時間抽出したら出来上がり。
抽出後は、雑味を防ぐために、ストレーナーははずしてください。
 

  • フィルターインコーヒーボトル ブラック
  • スタッフのおすすめ

    食卓にそのまま出して、おもてなしに活躍するフィルター付きボトル。

    フィルターインコーヒーボトル ブラック
    ¥3,300 税込

    • 材質
      注ぎ口・栓:シリコーンゴム(耐熱温度180℃)
      フィルター・メッシュ:ポリプロピレン(耐熱温度120℃)
      ガラスボトル:耐熱ガラス(耐熱温度差120℃)
    • 使用方法
      食洗機○ レンジ○(ガラス部分のみ) オーブン× 直火×

2. ハンドドリップで淹れたコーヒーを急速に冷やしてつくる

急冷式アイスコーヒー

急冷式アイスコーヒーのポイントは、氷で薄まるため濃いめに淹れること。ホットコーヒーと同じ道具で、おいしいアイスコーヒーをたのしむことができます。

 

用意するもの
・ドリッパー、コーヒーサーバー
・コーヒースケール
・コーヒー粉 20g
・水 150ml
・グラス(240ml)

STEP 1.
ドリッパーと紙フィルターをサーバーにセットし、コーヒー粉20gをはかり平らにならす。

STEP 2.
40mlのお湯をかけて、30秒蒸らします。蒸らし終えたら、残り110mlをゆっくり注ぎます。

STEP 3.
大きめの氷をいれたグラスに一気に注いてかき混ぜて完成。

 

関連タグ