万能調味料でつくる、手軽に美味しい夏の一皿レシピ

プロダクト 2020.06.24

夏に美味しい一皿が作れる万能調味料

日本全国から24のつくり手が作るおすすめの万能調味料をセレクト。マーケット店舗ではこの他にもおすすめの調味料をおすすめの使い方とあわせてご紹介しています。

手間をかけずに、料理の幅を広げてくれる
今年のバイヤーおすすめ6品をご紹介

夏のごはん、夏の麺、夏の冷菜、3つのテーマにあわせて6つのおすすめレシピを紹介。
ひと足しするだけで、料理をぐっと美味しくしてくれる万能調味料。「つける」「かける」「和える」だけで使い方はとっても簡単。簡単であることは、日々の食事を楽しむためにとても大切な要素。美味しく自分や家族の時間を楽しみましょう。

「うね乃 しろだし」でつくる、薬味たっぷり枝豆香味ごはん

しろだしが香るごはんに、たっぷりの薬味を加えた
夏にぴったりなごはんレシピ

しろだしと旬の枝豆を一緒に炊き上げることで、フタをあけると、優しいお出汁の香りと、甘い枝豆の香りがたちのぼります。たっぷりの薬味を加えれば、食欲のない暑い日でもさっぱりとお召し上がりいただけます。

材料(4人分)
  • ★しろだし...........大さじ4
  • 米..................2合
  • 大葉................8枚
  • 茗荷................2個
  • 新生姜..............15g
  • ムキ枝豆............100g
つくり方

【下ごしらえ】

  1. 新生姜、大葉、茗荷は千切りにする
  2. 枝付枝豆は熱湯で1分ほどさっと茹で、ざる上げして水に浸してさっと熱を取り、さやから実を取り出します(冷凍ムキ枝豆をそのまま使用してもOK)

【調理】

  1. 米をといで、すぐにざるにあける(吸水をしない)
  2. 炊飯器にお米と、しろだしを入れ、通常の炊飯の分量まで水と枝豆を入れ軽く混ぜて炊く
  3. 炊きあがったら、新生姜、茗荷、大葉を加え、全体を和えて完成

うね乃 無ろ過のしろだし(10倍濃縮)

京都市内に本店を構える“だし”の専門店『うね乃』。
化学調味料などを使用せず、国産の原材料を使用し、無ろ過で仕上げることで、おだしの旨味が残り、深い味わいに。まぐろと羅臼昆布を使うことで、和食はもちろん、イタリアン、フレンチなど幅広い料理に馴染む、使いやすいしろだしです。

「みそポン酢」でつくる、夏野菜のみそポンサラダ

お好みの具材を用意したら、かけるだけ
味噌のコクと柚子が香る食べ応えのある一皿に

味噌蔵がつくるみそぽん酢。味噌のコクと柚子の酸味が素材の味わい引き立てます。野菜やお好みの具材を一口大にカットし、サッと和えれば出来上がり。フレッシュチーズやアボカドなどクリーミーな味わいの食材との相性が抜群。

材料(2人分)
  • ★みそポン酢.........30g
  • ミニトマト...........4個
  • 胡瓜................1/2本
  • アボカド............1/2個
  • 蒸し鶏..............30g
  • カッテージチーズ.....20g
つくり方
  1. ミニトマトは1/2にカットする
  2. きゅうりを縦半分に切りスプーンでタネをとり1.5㎝幅でカットし、軽く塩もみをする
  3. アボカドは半分にカットし、種と皮を外し8㎜程度にスライスする
  4. 蒸し鶏は1.5㎝角にカットする
  5. お皿に具材を並べ、みそぽん酢をかけて完成

会津天宝醸造 みそポン酢

味噌、糀、漬け物を作り続けて140年以上の老舗『会津天宝醸造』。コク深い長期熟成型の会津みそとたっぷりの国産柚子果汁、アクセントのブラックペッパー等をバランスよく組み合わせた「みそポン酢」は、お使いのポン酢やドレッシングの代わりに、これ一本で調理法を問わず、どんな料理も美味しく仕上がります。

「トマトまつば」でつくる、帆立とラディッシュの昆布和え

こんぶの旨みとトマトの酸味、旨みの相乗効果
素材と和えるだけで、夏の冷前菜に

ありそうでなかったトマトと塩こんぶを合わせた逸品。こんぶの旨みとトマトの酸味、旨みの相乗効果がどんな食材もまとめてくれます。お好みの白身魚や魚介をオリーブオイルと和えるだけで、簡単マリネが楽しめます。刺身のホタテに、グレープフルーツを加えて爽やかな夏の冷前菜に。

材料(2人分)
  • ★トマトまつば......5g
  • 刺身用ホタテ........6枚
  • ラディッシュ........3個
  • レッドオニオン......20g
  • オリーブオイル.....10g
  • 塩................適量
つくり方

【下ごしらえ】

  1. 刺身用のホタテはキッチンペーパーで水気を切る
  2. レッドオニオンはスライスし、10分程水にさらし(辛味をぬく)水気をしっかり取る
  3. ラディッシュは水洗いし、へたと葉を取り外し、3㎜程度の輪切りにする

【調理】

  1. ボウルにホタテ、ラディッシュ、レッドオニオン、トマトまつば、オリーブオイルを加え、塩で味を整え、全体を和えて完成(*ラディッシュの葉も一緒に和えても良い)

苦楽園こんぶ処永楽 トマトまつば

現在では非常に珍しい無添加の塩昆布、佃煮、だし素材を扱う専門店。自然な原材料のみで仕上げた塩昆布「まつば」と、酸味、甘味のバランスが良いイタリア産ドライトマトを合わせました。昆布、トマトは共に、グルタミン酸の旨味が豊富でとても相性がよく、料理に味わいの幅をもたらします。まずは何にでもふりかけてお楽しみください。

「あわじ焼肉のたれ」でつくる、焼き野菜牛ステーキ丼

淡路島玉ねぎの甘味とまろやかなコクが食欲をそそる、
夏のスタミナ丼

淡路の農家のお母さんたちが地元の原料で手造りするとても貴重な焼肉のたれ。旬の野菜と牛肉を焼いてうまみたっぷりのたれをつけて、ボリューム満点のスタミナ丼をたのしみましょう。

材料(1人分)
  • ★あわじ焼肉のたれ......30g
  • 牛肩ロース肉(お好みの部位で構いません)..150g
  • 万願寺とうがらし........1本
  • 長茄子.................1/2本
  • 空芯菜の新芽............10g
  • 山わさび(わさびでも可)..適量
  • フライドガーリック.......適量
  • オリーブオイル...........適量
  • 塩......................適量
つくり方

【下ごしらえ】

  1. 万願寺とうがらしは、包丁で一カ所小さい切れ込みを入れる。(破裂防止のため)
  2. 長茄子を縦半分に切る
  3. 空芯菜の新芽は根元を切り水洗いし、しっかり水気を切る
  4. ステーキ用の肉は30分~1時間程、常温にもどし、ペーパーで水分を拭き取る

【調理】

  1. フライパンにオリーブオイルを大さじ2を入れ、中火で加熱し、万願寺とうがらしと長茄子(切れ目を下にして)を入れ、軽く塩を振り、焼き目をつける(出来るだけ動かさず片面2~3分ずつ程度焼く)
  2. そのままのフライパンにオリーブオイルを入れ、温まったところに、両面に塩を振ったお肉を入れ焼き色を付ける
  3. 両面に焼き色がついたら、焼肉のたれを入れ絡め火を止める
  4. 器にご飯を盛り、野菜とカットしたステーキをのせ、フライドガーリック、山わさびをのせて完成

淡路ジャンボにんにくの会 あわじ焼肉のたれ 中辛口

自家産の甘味の強い淡路島玉ねぎ、臭いと辛みの少ないジャンボにんにく、淡路島産唐辛子など厳選された17種類の素材を使用した焼肉のたれ。ジャンボにんにくと唐辛子、ごま油、味噌でつくった唐辛子味噌を加え、まろやかなコクを出すために1か月の熟成期間を置いて完成させます。

「ヤマロク醤油 菊つゆ」でつくる、三つ葉と若芽の冷やしかけそば

シンプルだからこそ、つゆの美味しさが際立つ冷やしかけそば

小豆島で、天然醸造・木桶仕込みで醤油づくりを行う『ヤマロク醤油』が手掛けるめんつゆ「菊つゆ」でつくる冷やしかけそば。日本のハーブともいわれる、三つ葉や貝割れ大根など、清々しい香りや辛みのある若芽をたっぷりのせて、サラダ感覚でいただける一皿です。

材料(1人分)
  • ★菊つゆ.................30g
  • 水......................90g
  • そば.....................1人前
  • 三つ葉...................1/2束
  • 貝割れ大根...............1/4束
  • ブロッコリースプラウト....適量
  • ばら海苔.................適量
つくり方

【下ごしらえ】

  1. 菊つゆと水を合わせ冷やしておく
  2. 三つ葉は5㎝程度のざく切りに、貝割れ大根は根元を切る
  3. 三つ葉と貝割れ大根を合わせ水洗いし、しっかり水気を切る

【調理】

  1. お好みのそばを表示通りに茹で、氷水でしっかりと冷やし水気を切る
  2. 器にそばを盛り付け、つゆをかける
  3. ばら海苔、三つ葉、貝割れ大根、ブロッコリースプラウトの順にのせて完成

ヤマロク醤油 菊つゆ

「天然醸造・木桶仕込み」にこだわり、醸造用の木桶で醤油づくりを行う明治創業の『ヤマロク醤油』。丹波黒豆を原料に醸した菊醤をベースに、羅臼昆布と枕崎産かつお節で出汁をとり、種子島産の砂糖を使い甘口に仕上げた、3倍濃縮の「めんつゆ」。素麺・うどん・蕎麦の出汁だけでなく、煮物や、卵かけご飯にも最適。

「豊年屋 黒ごまだれ」でつくる、冷やし黒ごま坦々うどん

これ1本で、手軽につくれる黒ごま担々うどん

濃厚なごまの風味と甘さのある黒ごまだれを、冷したうどんにたっぷりかけて、ラー油をまわしかければ、夏の食欲をそそる坦々うどんのできあがり。

材料(1人分)
  • ★黒ごまだれ.............50g
  • 水......................50g
  • うどん(中華麺でも可)....1人前
  • 合挽き肉.................100g
  • 青梗菜...................1/2把
  • もやし...................40g
  • 白髪ねぎ.................適量
  • 糸唐辛子.................適量
  • ラー油...................適量
つくり方

【下ごしらえ】

  1. 黒ごまだれと水を合わせ冷やしておく
  2. 青梗菜を水洗いし縦に1/4カットする
  3. もやしを水でサッと洗い水気を切る
  4. 長ネギの白い部分を5〜6センチにカットし千切りにし、氷水に入れ水気をしっかり切る

【調理】

  1. お好みのうどんを表示通りに茹で、氷水でしっかりと冷やし水気を切る
  2. フライパンに合挽き肉を入れ軽く塩を振り、炒める。8割火が入ったところでフライパンの端に挽肉を寄せ、青梗菜、もやしを加え軽く塩を振り、炒める
  3. 器にうどんを盛り付け、冷やしたたれをかける
  4. 炒めた合挽き肉、青梗菜、もやしを盛り、白髪ねぎと糸唐辛子を飾り、ラー油をまわしかけて完成

豊年屋 黒ごまだれ

国内自給率1%未満の貴重な国産ごまを取り扱う『豊年屋』。素材の中心となる、しょうゆ、みそ、ごまは長野県産に限定し使用しています。 黒ごま、しょうゆ、黒みそ、黒酢など黒の素材にこだわり、さらににんにく、しょうが、りんご果汁等がアクセントとなっています。無添加にて素材の旨みを最大限に引き出しています。

夏をたのしむ万能調味料 24選

販売期間
2020年6月12日(金)~7月4日(土)
取扱店舗
マーケット店舗 / オンラインストア
*店舗により取扱商品が異なります。詳しくは直接店舗にお問合せください。