春のお祝い御飯

画像

食卓に春を呼ぶ、ちらし寿司

桃の節句に、卒業、入学のお祝い。春の訪れを楽しむ、お花見。華やかな行事が増えるこの季節に、春の食材をふんだんに使ったちらし寿司で家族や仲間たちと食卓を囲みませんか。

酢飯と合わせるだけの簡単“具だくさん”ちらし寿司

こだわりの日本のつくり手から届く、ちらし寿司の具。酢飯とあわせるだけで、約3人前のちらし寿司が簡単に楽しめます。 旬の食材と組み合わせた、おすすめの盛り付けとあわせてご紹介します。

画像

野菜たっぷりの具沢山のそぼろに
うるい、ぜんまいで春色を添えて

国産の鶏肉と蓮根、人参、牛蒡、しいたけを地元愛知の白醤油、本みりんで仕上げた味わい深いちらし寿司の具。

材料 (2合分)

  • ★ちらし寿司の具 鶏そぼろ五目... 1pc
  • 米........................... 2合
  • すし酢....................... 60cc
  • うるい....................... 6枚
  • ぜんまい..................... 4~5個
  • せり(葉の部分)................ 3g

作り方

  1. 米2合を炊き、熱いうちに寿司酢をあわせ、杓文字で切るように混ぜ合わせる
  2. 器に酢飯を盛り、鶏そぼろ五目 を盛る
  3. お好みで、うるい、ぜんまい、せりを彩りよく並べる

都築家
ちらし寿司の具 鶏そぼろ五目

  • ¥800(税込 ¥864)
オンラインストアを見る
画像

菜の花、桜、菊
色とりどりの花がちらし寿司に咲く

京都産のたけのことちりめん山椒を炊き合わせた山椒の香りとかつおの旨味たっぷりのちらし寿司の具。

材料 (2合分)

  • ★京たけのこちりめん........... 1pc
  • 米........................... 2合
  • すし酢....................... 60cc
  • 菜の花....................... 5本
  • 食用菊....................... 適量
  • 桜花漬....................... 3g

作り方

  1. 米2合を炊き、熱いうちに寿司酢をあわせ、杓文字で切るように混ぜ合わせる
  2. 器に酢飯を盛り、京たけのこちりめん を盛る
  3. お好みで、菜の花、食用菊、桜花漬を彩りよく並べる

津乃吉
ちらし寿司の具 京たけのこちりめん

  • ¥900(税込 ¥972)
オンラインストアを見る
画像

甘く炊いたはまぐりの佃煮に
すだちを添えてさっぱりと

はまぐり特有の旨みと山菜のせりの食感と風味を生かしながら、柔らかく炊き上げた贅沢なちらし寿司の具。

材料 (2合分)

  • ★はまぐり山菜................ 1pc
  • 米........................... 2合
  • すし酢....................... 60cc
  • 香味のり..................... 1g
  • すだち(スライス).............. 適量
  • 木の芽....................... 5枚

作り方

  1. 米2合を炊き、熱いうちに寿司酢をあわせ、杓文字で切るように混ぜ合わせる
  2. 器に酢飯を盛り、はまぐり山菜 を盛る
  3. お好みで、香味のり、すだち、木の芽を彩りよく並べる

大谷政吉商店
ちらし寿司の具 はまぐり山菜

  • ¥700(税込 ¥756)
オンラインストアを見る
画像

かつおとみょうがの色気を感じる色合いが
大人の食欲をそそる

国産の香りの良い茗荷、爽やかな辛さの生姜、歯ごたえの良いきゅうりを梅酢でさっぱり仕立てたちらし寿司の具。

材料 (2合分)

  • ★茗荷きゅうり................ 1pc
  • 米........................... 2合
  • すし酢....................... 60cc
  • かつおのたたき(刺身用)......... 80g
  • きゅうり(スライス)............ 1/3本
  • みょうが...................... 6個

作り方

  1. 米2合を炊き、熱いうちに寿司酢をあわせ、杓文字で切るように混ぜ合わせる
  2. 器に酢飯を盛り、茗荷きゅうり を盛る
  3. お好みで、かつおのたたき、きゅうり、みょうがを彩りよく並べる

木の花屋
ちらし寿司の具 茗荷きゅうり

  • ¥650(税込 ¥702)
オンラインストアを見る
画像

春の食卓に
あると便利な調味料「しろだし」

桃の節句に欠かせない、春の食材「はまぐり」を主役にした茶碗蒸しなど、素材の色、香りを生かせる「白だし」は春野菜などの食材の美味しさを引き出します。

「しろだし」といってもつくり手、製法により味わいは異なります。それぞれの特徴をお楽しみください。

材料 (4個分)

  • ★しろだし.................................. 30cc
  • 水......................................... 300cc
  • 卵......................................... 2個
  • 片栗粉..................................... 適量
  • お好みの具材(はまぐり、菜の花、桜花漬など).... 適量

作り方

  1. 卵を割りほぐす
  2. しろだし 30ccに水 300ccを加えだし汁をつくる
  3. 2 のだし汁 250ccを 1 に加え混ぜ合わせる(だし汁 50ccは残しておく)
  4. 器にお好みの具材を入れ、濾した 3 を注ぎ入れる
  5. 蒸し器で湯気が上がってから中火で15分、火を止めて10分~15分蒸らす
  6. 残しておいただし汁50ccに水溶き片栗粉を加え火にかけ、あんをつくる
  7. 5 が蒸しあがったら、あんをかける

野菜の香りと旨み
しろたまりのコク

動物性原料不使用。植物素材のみで作った白だし。足助仕込三河しろたまりをベースに仕上げました。

つくり手
日東醸造(愛知)

1938年創業。愛知県碧南市でこだわりの白醤油を作り続ける蔵元。白醤油を追求し、愛知県産小麦で作った小麦麹を通常の2倍量使用し、伊豆大島の海塩「海の精」と足助仕込蔵の井戸水と木樽で仕込んだ「しろたまり」の高い香りと黄金色の輝きを突き詰めています。

  • 日東醸造 三河精進 白だし
    ¥1,100(税込¥1,188)
オンラインストアを見る

上品な醤油の風味と
甘酒の自然な甘み

豊富に使用した甘酒の甘味に丸大豆しょうゆの旨味と香りが調和。白だしの様に上質なお料理に仕上げます。

つくり手
井上醤油(島根)

1867年創業、島根県奥出雲で天然醸造を続ける醤油蔵。国産丸大豆・小麦を使用し合成添加物不使用にこだわり。自然にゆだね、じっくりと時にまかせた奥出雲の風土で高品質な醤油・味噌・仁多米加工品製造に努めています。

  • 井上醤油 こはく
    ¥700(税込¥756)

おだし専門店が引き出す
上質な香りと旨み

まぐろ節としいたけ、羅臼昆布で引いたおだしに、しろたまりで味付けした風味良く旨みの強いしろだし。

つくり手
うね乃(京都)

1903年創業。京都市南区で社寺や料理屋に昆布や鰹節を卸してきました。原料は信頼できる生産者から直接仕入れ、昔ながらの製法で、数工程もの手間暇をかけて加工。厳選された安全、安心な「おだし」をお届けしています。

  • うね乃 しろだし
    ¥1,200(税込¥1,296)
オンラインストアを見る

春のお祝い御飯

華やかな行事が増える季節に、お祝いの食卓に欠かせないちらし寿司や、春の食材を楽しむ調味料をご紹介しています。ぜひお近くのDEAN & DELUCAへ。

開催期間
2020年2月15日(土) ~ 3月31日(火)
取扱店舗
マーケット店舗、オンラインストア
※取扱商品は店舗により異なります。詳細は店舗に直接お問い合わせください。
店舗一覧を見る オンラインストアを見る