SPICE

スパイス

ディーンアンドデルーカのスパイス
ディーンアンドデルーカのスパイス

身近な食材や毎日の料理に、一振り。味わいをぐんと広げるミックススパイスを中心に、
食卓をもっとおいしく、もっとたのしくするラインナップをそろえました。
まずはお気に入りを一本。手軽なレシピから丁寧な煮込み料理まで、つくるよろこびをお届けします。

PRODUCT

用途や目的ごとに、6つのジャンルでご用意しました。
独自のアクセントや発想を加えた、どれも手軽に使えるラインナップです。

Masala Salt

   

幅広く使える、塩とスパイスのミックス。下ごしらえや調味に、まぶしたり振りかけるだけで風味付けできます。

World Mixed Spice

 

香り豊かなドライハーブとスパイスを独自に配合。世界各国で愛される味わいを引き出すブレンドです。

Sprinkle Spices for Dishes

 

世界の食卓で、振りかけて親しまれるミックススパイス。ナッツ類や塩なども入っており、食感もおたのしみいただけます。

Rub Spice

 

アメリカではBBQで親しまれるミックススパイス。砂糖が入っており、肉や魚介類などに擦り込んで焼けば、食卓の主役に。

Single purpose Spices

 

スパイスのプロフェッショナル監修。いつものレシピに一袋加えるだけで、専門店さながらの味わいになるミックスです。

Basic Spices

 

下味に、料理のアクセントに。様々な料理に使用できる、そろえておきたい基本のスパイスです。

FEATURE

地域や時代により、様々な使われ方をしてきたスパイス。
DEAN & DELUCAのスパイスは、全てスパイスのプロフェッショナルである
メタ・バラッツ氏監修のもと、厳選した素材を独自に配合しています。

DEAN & DELUCAのスパイス
DEAN & DELUCAのスパイス
DEAN & DELUCAのスパイス

バラッツ氏は、ブレンドする際に、そのスパイスを使う料理からイメージ。一つひとつの風味を組み立てていくそうです。日本で生まれ、世界で学び、父や祖父からインド料理などについて教わるなど、幅広い知識とキャリアをもつバラッツ氏。そのスパイスは、古くから受け継がれる伝統的な配合に、独自のアクセントや発想も加えた味わい。一振りから食材の味わいを引き出し、お料理をぐんとおいしくしてくれます。

VIEW MORE

そもそもミックススパイスとは、その名の通り、何種類かのスパイスやハーブと、ブレンドによっては塩や砂糖などの調味料を混ぜたものをいいます。用途は幅広く、そのままかけたり、食材の下ごしらえに擦り込んだり、漬けたり、香りを移したりと、まさに“万能調味料”です。

ミックススパイスは複数の香りを重ねるので、一種類のスパイスでは表せない深みが増すのも魅力です。また、一本あればスパイスをいくつもそろえる必要がなく、塩や砂糖などの調味料が加わったものなら、それだけで味が決まるのも便利なところ。「これさえあれば必ずおいしくなる」と、料理の腕にも自信がつきます。

まずはお気に入りの一本を見つけて、そのまま振りかけてみる。さらに、お肉に擦り込んで焼いたり、炒ったナッツにオイルと一緒にまとわせてスナックにしたり、シンプルにローストした野菜にかけたり、煮込んだ料理の仕上げに振りかけたり。気軽なレシピからじっくり丁寧につくる料理まで、毎日もっとおいしく、もっとたのしみましょう。

PROFILE|メタ・バラッツ
1984年、神奈川県鎌倉生まれ。南インドの高校を卒業後、スイス、スペインにて学び、帰国。スパイス専門社「アナン株式会社」3代目として、鎌倉・極楽寺の古民家でスパイスやカレーを販売する傍ら、料理教室やワークショップも開催する。「東京スパイス番長」の一員で、DEAN & DELUCAのスパイス開発にも深く携わる。

CLOSE

ENJOY

個性や用途に合わせて使うことで、それぞれの味わいがよりひき立ちます。
ここでは、手軽に毎日の食卓に取り入れられる方法とレシピをご紹介します。

スパイス楽しみ方 かける

かける

サラダやフライドポテト、カルパッチョなど。まずは、好きな一品にかけてみましょう。ナッツ類や雑穀などもブレンドされたミックススパイスを選ぶと食感も加わり、ちょっと他にはないおいしさと出会えます。

RECIPE IDEA:スライスしたオレンジにオリーブを散らし、オリーブオイルと中東のミックススパイス『デュカ』をかけた、シンプルなマリネです。 ザクザクとしたナッツ類の食感もおいしい。

スパイス楽しみ方 擦り込む

擦り込む

塩や砂糖などの調味料をブレンドしたスパイスは、食材の下ごしらえにも重宝します。擦り込んだり、ヨーグルトなどに混ぜて漬け込んだり。それだけで味が決まり、お肉や魚介類は食感がふっくらに。

RECIPE IDEA:鶏もも肉に、片面につき2つまみの『ケイジャンラブ』をまぶして、皮目からフライパンで焼くだけ。本格的なケイジャンチキンが手軽に出来上がり!