万能調味料でつくる、夏に食べたい丼レシピ

プロダクト 2022.06.08

万能調味料でつくる、夏に食べたい丼レシピ

今年も、日本各地のつくり手から、夏におすすめの万能調味料が揃いました。一度使えば、手放せなくなる逸品ぞろいのラインナップです。

バイヤーの今年のおすすめ4品を使ったレシピをご紹介

ひと手間かけることで、調味料のおいしさを生かしながらも、素材の持ち味を引き出すレシピをご紹介します。この夏は、万能調味料を上手に取り入れて、一つで満足感のある丼をおたのしみください。

「特濃ごまだれ」でつくる旬野菜丼

シンプルにグリルすることで引き立った旬の魚と野菜の香りや、凝縮された野菜の旨味を濃厚なごまだれがまとめてくれます。素材そのものを存分に堪能できるどんぶり。

材料(2人分)
★特濃ごまだれ……100g
・白身魚……2切
・ズッキーニ緑、黄……各1/2本
・オクラ……2本
・みょうが……2本
・パプリカ……1/4本
・ラディッシュ……2本
・カリフラワー……1/6個
・塩、胡椒……少々
・オリーブオイル……少々
・ご飯……2杯

つくり方
1. 旬の彩野菜に塩と胡椒をふり、オリーブオイルを塗ってトースターまたはオーブンで焼き色がつくまでグリルする。
2. 白身魚に塩胡椒をふり、多めの油で皮目をカリッと焼き上げ、魚に火を通す。
3. ご飯にオリーブオイルと塩を混ぜ、野菜と魚を載せ、小鍋で温めたごまだれをかけて完成。

贅沢にたっぷりと入ったごまを存分に堪能できるタレ

韓国の家庭料理をベースにつくられた調味料。醤油ベースのごまだれと比べて濃度があり、あらゆる具材に絡めやすく、プチプチとしたごまの食感もたのしい。

こまや 特濃ごまだれ
¥756(税抜¥700)

「おかんのタレ」でつくる挟み油揚げの蒲焼風丼

油あげの中でゆっくり蒸し焼きにされた長ネギの甘さとしらすの塩味、両面サクサクに焼かれた油あげに甘めのたれが良く絡み食欲の増すどんぶり。

材料(2人分)
★おかんのタレ……40ml
・油揚げ(厚め)……1枚
・長ネギ……1/2本
・しらす……50g
・しそ……4枚
・かつお節……10g
・万能ねぎ……適量
・ご飯……2杯 ※白米と黒米を5:1で混ぜて炊いたご飯がおすすめです

つくり方
1. 油あげに切れ目を入れ、真ん中を開き、スライスした長ネギ、しらすをたっぷり詰める。
2. 熱したフライパンに油あげを入れ中火で両面にしっかり焼き目をつけたら、おかんのタレをまわしかけ、ひっくり返しながらたれを絡める。
3. 黒米ご飯の上にしそをしき、2をカットしてのせ、かつおぶし、万能ねぎを振りかけ完成。

野菜の甘みや旨味が凝縮された
醤油ベースのタレ

20年以上愛されてきたおかんの味をそのまま商品にしました。玉葱や人参などを一緒に煮だし、丁寧に濾してあるので料理に使いやすく、火を入れると更においしさを発揮します。

あさの屋 おかんのタレ
¥1,188(税抜¥1,100)

「黒豆味噌だれ」でつくるしそ香る豚ミンチ丼

あえてつなぎを使わず、不揃いな塊のまま焼き目をしっかり付けた、食べ応えのあるどんぶりです。焼きつけた肉の香ばしさが黒味噌だれをよりおいしく感じさせてくれます。

材料(2人分)
★黒豆味噌だれ……80g
・豚ひき肉……200g~300g
・しそ……6枚
・おかひじき……50g
・紅心大根(人参でも可)……100g
・炒り胡麻……適量
・塩、胡椒……適量
・ご飯……2杯

つくり方
1. ボールに豚ひき肉、刻んだしそ、塩、胡椒をいれ軽く混ぜ合わせる。
2. 熱したフライパンに油をひかず、1を入れ両面こんがりと焼きつけたのち、黒豆味噌だれを入れ、肉に絡ませる。
3. 熱したフライパンに油をしき、食べやすくカットしたおかひじき、千切りにした紅心大根を入れ塩こしょうをし、さっと炒める。
4. ご飯の上に、2、おかひじき、紅心大根の順にのせ、胡麻をふって完成。

黒豆味噌のコク深い味わいが
クセになる味噌だれ

光黒大豆を皮ごと使い、2年の長期熟成を経た無添加黒豆味噌をベースに、コクと甘みをもたせ、素材に絡み合う味噌だれです。

渋谷醸造 黒豆味噌ジャージャー麺のタレ
¥864(税抜¥800)

「塩レモン」タレで味わうレアサーモンかつ丼

レアになるよう揚げ焼きにしたサーモンと塩レモンでつくった酸味のあるたれが非常に良く合います。さっぱりした香りと味わいで、箸が進むどんぶりです。

材料(2人分)
★塩レモン……50g
・サーモン……200g~300g
・なす……1~2本
・パン粉……適量
・小麦粉……適量
・卵……適量
・山田製油 エキストラバージンごま油…50ml ※お好みのごま油やオリーブオイルで代用可
・レモン……1/8カット
・しその花……適量
・ご飯……2杯

つくり方
1. サーモンに塩こしょうし、小麦粉、卵、パン粉の順に付け多めの油で揚げ焼きにする。
※両面に焼き目が付いたらすぐ取り出すとちょうどレアで仕上がります。
2. なすはランダムに皮をむき、2㎝ほどの輪切りにして塩こしょうし、油をひいたフライパンでこんがり焼く。
3. 塩レモンとごま油を1:1で混ぜておく。
4. ご飯の上に、焼いたなすとカットしたサーモンをのせ、3をかけ、レモンとしその花を添えて完成。

瀬戸田のレモンと塩のみでつくった
万能アイテム

生産量日本一の瀬戸田産レモンと瀬戸内海でとれた塩を使用。レモンと塩のみを使うことで、ピュアなレモンの味がいきています。

JA三原 塩レモン
¥540(税抜¥500)

辛味調味料も勢揃い

辛い味付けにしたいとき、味変をたのしみたいときに、辛味調味料がおすすめです。
辛いだけでなく、香りや風味豊かな個性派が揃います。お好みの辛味調味料を見つけてみませんか。

実用性と美しさを兼ね備えた、暮らしに寄り添う器

丼はもちろん、ぶっかけうどんや汁麺などに幅広く活躍し、見た目にも映える高台や伝統的な唐草柄が美しい反り丼と、両手にふんわり納まるサイズで丼や煮物などの普段のおかずに役立つ丼の2種類をご用意しました。

梅山窯
反り丼 外唐草 5.2寸 ¥2,860(税抜¥2,600)
丼 荒土 呉須菊 4.5寸 ¥2,200(税抜¥2,000)

万能調味料でつくる、夏に食べたい丼レシピ

販売期間
2022年6月3日(金)~6月30日(木)
取扱店舗
マーケット店舗/オンラインストア

*店舗により取扱商品が異なります。詳細は店舗へお問い合わせください。

COLUMN

  • COLUMN

    おいしいをたのしむ情報サイト(外部サイトへ)

ONLINE STORE