農園から届く「旬の果物ジャム」

プロダクト 2020.12.11

農園から届く「旬の果物ジャム」
旬とともに日本各地の産地をめぐる

旬を迎え完熟した一番食べごろのフルーツのおいしさ、瑞々しさ、香りは、その時期だけ味わえる格別のもの。そのおいしさをそのままに食卓へお届けします。

人気の農園ジャムシリーズに、新作が登場です。11月中旬に最盛期を迎えた愛媛県 菊地農園の「キウイフルーツ」。旬のキウイのおいしさを存分に味わっていただける特別なジャムができました。

愛媛県大洲市 菊地農園の
「国産キウイ」を追いかけて

1970年代、みかんの転作からキウイの一大産地となった愛媛県大洲市長浜地区。『菊地農園』は、最初にキウイを導入し、その後キウイ栽培を全国に広めた国産キウイ栽培の第一人者です。大切に受け継がれてきた古株をまもる菊地農園のキウイ。その旬となる11月中旬、バイヤーが農園を訪ね、収穫の様子を見学させてもらいました。

菊地農園のキウイがおいしい理由

農園のある大洲市長浜地区は、標高250mの山あいのまち。寒暖の差はキウイをよりおいしくさせます。菊地農園では、愛媛みかんの搾りかすを有機肥料に混ぜたり、落ち葉を発酵させてそれを農園に撒くなど、環境を考えた農業に取り組んでいます。落ち葉と有機肥料で栄養たっぷりのふかふかな土は、キウイの果肉を鮮やかなエメラルドグリーン色にし、酸味と甘みがぎゅっと凝縮されたおいしい実に育てます。

古株の「かさぶた」が物語る
おいしいキウイの実がなる証し

菊地農園のキウイの古株の幹には、いくつもの傷が刻まれています。その理由は、毎年梅雨の時期にわざと幹に傷をたくさんつけて、水分をその部分から逃しているから。そうすることで、水っぽくない、しっかりと甘味のつまったキウイの実がつくようになります。幹の傷は毎年重なり、それはまるで「かさぶた」のようになりながら、キウイの古株は翌年も、よりおいしくて味の濃い果実をたわわに実らせるのです。

試行錯誤してたどりついた
他では味わえない「噛みごたえと果肉感」

追熟させてより甘みが増したキウイを実感してもらうため、果肉は大きめにカット。身のしっかりした国産キウイは、火を通すことで、ひとつひとつの果肉に噛みごたえのあるモチッとした食感がうまれます。それを最大限に引き出すため、火の通し方や炊き時間の試作を何度も重ね、他では味わえない「モチモチ食感」のキウイジャムにたどりつきました。

はじめての、モチモチ食感。
今だけの国産キウイジャムができました

食べ頃の完熟キウイにグラニュー糖とレモン、塩だけを加えて炊いた、無添加・無着色のキウイジャム。キウイ本来の濃厚な味わいやまろやかな酸味を残し、わずかな塩味、ミネラルを感じられるジャムに仕上げました。キウイそのままでは味わえない、ジャムにしたことでうまれたはじめてのモチモチ食感。今だけの、旬の国産キウイフルーツをふんだんに使ったジャムをぜひおたのしみください。

ORCHARD JAM
農園から届く「旬の果物ジャム」

愛媛県『菊地農園』キウイジャム
¥1,000(税込¥1,080)

発売日
2020年12月18日(金)
※数量限定入荷のためなくなり次第終了となります。
詳しくは直接店舗までお問合せください

取扱店舗
マーケット店舗