粉の風味と甘みを生かした、デイリーブレッドでモーニングを

プロダクト 2020.09.18

料理と合わせても、そのままでもおいしい
食材店のベーカリー

見た目は素朴で自然体。でも、粉の風味や旨味がしっかり感じられ、毎日でも飽きずに食べたくなる。そんなシンプルな食事パンの人気が高まっています。水分多めの柔らかい生地を低温で熟成させた後、高温で一気に焼き上げる“高加水”パン。直球のおいしさを、そのままで。あるいは、旬の食材を盛り込んだ料理に合わせて。噛みしめるごとに滋味を増すデイリーブレッドの実力を、秋の食卓でぜひお確かめください。

DAILY BREAD

美味しいパン

¥1,200(税込¥1,296)

どんな食事に合わせてもオールマイティーに楽しめる、デイリーブレッドの決定版が新しいラインナップに。ハード系ライ麦ブレッドのようなラフな外見に似合わず、中身はふっくら、雑味のない軽やかなタッチ。クラストの焦げ感とクラムのしっとり感のメリハリを楽しむには、厚切りのトーストがおすすめです。高加水のポーリッシュ法で仕込み、気泡をあえて大きく残しているため、ソースとのからみも申し分なし。ネーミングどおりのシンプルなおいしさを、ぜひ秋の食卓へ。

プレミアムカンパーニュ

¥800(税込¥864)

従来のパン・ド・カンパーニュを、“ローストビーフに合わせるカンパーニュ”としてリニューアル。2タイプのライ麦粉、全粒粉を含む5品目の粉にルヴァン種を採用。吸水率を90%まで高めた生地で、もっちりとした舌触りを実現しました。薄くスライスしてブルスケッタの前菜に、メインのローストビーフに添えて、と出番が増えそう。ほどよい酸味が味わい深く、風味の強いハーブやチーズとの相性も最強です。

磨きくるみとレーズンのカンパーニュ

¥1,000(税込¥1,080)

プレミアムカンパーニュの生地に、くるみとレーズンをふんだんに練り込んで焼き上げた、秋らしいカンパーニュが定番に仲間入り。えぐみの少ないフランス・グルノーブル産のくるみ、熟度が高いカリフォルニアのレーズンを具材に使用。粉と同量の配合でたっぷり混ぜ込み、ゴロゴロの食感と食べ応えに。そのままでワインと“パン呑み”に、軽くトーストしてスプレッドを塗って、塩気のあるシャクータリーを添えて…と、味わい方も無限大。

モーニングブール

¥300(税込¥324)

商品名のとおり、朝食に食べておいしいパンをイメージして考えられた新商品。通常の水分量の1.5倍の水を使い、湯種法により、ご飯のようにもっちり、みずみずしい食感を表現。しっとり感を長持ちさせるために、グレープシードオイルを、ほんのちょっぴり加えています。日本人好みの生地の軽やかさ、素直でやさしい味わいは、ブレックファーストの定番の卵やハム、野菜サラダと最高のコンビネーション。ころんと丸い形を生かして、サンドイッチにも、どうぞ。

Tips

ホールタイプのパンが残ったら、冷凍保存がベスト!水分の多い高加水のパンは冷凍焼けしにくく、普通のパンよりおいしいさが長もちします。なるべく大きい状態でファスナー付きの保存袋に入れて凍らせ、食べるときは、半解凍の状態でスライスを。一度解凍したら、なるべく早く食べきりましょう。

DAILY BREAD

取扱店舗
マーケット店舗

*店舗により取扱商品が異なります。詳細は店舗へお問い合わせください。

オンラインストアのおすすめ

<週末お届け・クール便>
DAILY BREAD BOX
¥4,000(税込¥4,320)送料込み
9月8日(火) 発売開始