農園から届く「旬の果物ジャム」

プロダクト 2020.03.05
画像

旬とともに日本各地の産地をめぐる

旬を迎え完熟した一番食べごろのフルーツの美味しさ、瑞々しさ、香りは、その時期だけ味わえる格別のもの。その美味しさをそのままに食卓にお届けします。
シリーズ第5弾の今回は、1月下旬に最盛期を迎えた岡山県・奥山いちご農園の「完熟いちご」。旬のいちごの美味しさを存分に味わっていただける特別なジャムが出来ました。

画像

岡山県・奥山いちご農園の「完熟いちご」を追いかけて

『奥山いちご農園』は、岡山県岡山市で50年近く続く、いちごひと筋の農家。1粒ずつていねいに実らせたいちごを朝摘みし、その日のうちに直売・直送することにこだわっています。いちごの旬となる1月下旬、バイヤーが農園を訪ね、収穫の様子を見学させてもらいました。

画像

奥山いちご農園を選んだ理由

毎朝、いちごを1粒ずつ目利きして、完熟したものだけを収穫する奥山いちご農園。一番おいしいタイミングで摘まれたいちごは日持ちがせず、多くは農園の直売所とフルーツスタンドで販売されます。なかなか市場に出回ることのない希少ないちごをDEAN & DELUCA ならではのジャムにしてみなさまにお届けしたいと考え、うかがわせていただきました。

画像

おいしさのサインは、ツンと上むく“ヘタ”

「旬のいちごジャム」に使用するのは、甘みがつまってぱんぱんにふくれた完熟状態の朝摘みいちご。最も糖度が上がったいちごは、“ヘタ”が反り返るほど、ツン!と上を向くそう。それは奥山いちご農園のロゴマークにも描かれ、おいしいいちごの証しになっています。

画像

「完熟いちご」のおいしさをそのままジャムに

ジャムづくりでこだわったこと。加える砂糖はなるべく少なくして、完熟いちごならではの甘みを最大限に活かす。また炊き上げ時間はごく短くし、いちごそのものの果肉感、粒感をのこす。えぐみがなく、酸味と甘みのバランスがとれた味わい。舌触りは、ふっくら、まろやか。そしてアフターフレーバーにはいちごの味がしっかりと残るジャムをめざしました。

画像

果肉ごろごろ、無添加・無着色
旬の完熟いちごジャムができました

鮮度抜群のいちごに岡山県産レモンとグラニュー糖だけを加えて炊いた、無添加・無着色のいちごジャム。幾度も試作を重ね、甘さひかえめながら、摘みたていちごをそのまま感じられるフレッシュな味わいに仕上げました。希少な完熟いちごをふんだんに使ったジャムをぜひおたのしみください。


ORCHARD JAM
農園から届く「旬の果物ジャム」

  • 岡山県『奥山いちご農園』 完熟いちごジャム
  • ¥1,000(税込 ¥1,080)
発売日
2020年3月6日(金)
※数量限定入荷のためなくなり次第終了となります。詳しくは直接店舗までお問合せください
取扱店舗
マーケット店舗、オンラインストア
店舗一覧を見る オンラインストアを見る