農園から届く「旬の果物ジャム」

プロダクト 2020.01.16
画像

旬とともに日本各地の産地をめぐる

旬を迎え完熟した一番食べごろのフルーツの美味しさ、瑞々しさ、香りは、その時期だけ味わえる格別のもの。その美味しさをそのままに食卓にお届けします。
シリーズ第4弾の今回は、11月下旬に最盛期を迎えた徳島県・黄金の村の「木頭ゆず」。旬のゆずの美味しさを存分に味わっていただける特別なジャムが出来上がりました。

画像

旬の秋、一面のゆずで黄金色に染まる村
徳島県・那賀町木頭の『黄金の村』

霊峰・剣山の南麓、那賀川の清流を誇る徳島県那賀町木頭地区。ゆずの研究を重ね、栽培から販売までを行う『黄金の村』は、大自然に囲まれたこの地にあります。
村が完熟ゆずの香りでいっぱいになる11月下旬。まさに最盛期となる旬のゆずの収穫時期を追いかけて、バイヤーが黄金の村を訪ねました。

画像

際立つ香りと豊かな果汁
皮の厚みが特徴、日本一の「木頭ゆず」

全国の産地で植えられているゆずは元々が木頭ゆずの苗と言われ、その品質は日本一と評されるほど高く評価されています。木頭ゆずは「分厚い皮」が特徴。肉厚の皮には香りの強い油分がたっぷりつまっていて、とれたての木頭ゆずの皮はそのまま食べてもおいしいほど。この皮がおいしいマーマレードの秘訣になるのです。

画像

皮ごと搾り、果汁に香りをうつす
昔ながらのこだわり「手搾り」

マーマレードにするのは、農薬・化学肥料不使用の『黄金の村』特別栽培の木頭ゆず。ゆず本来のフレッシュな香りと豊かな酸味をたのしめるよう、収穫から24時間以内に一個ずつ丁寧に手搾りします。木頭ゆずの肉厚の皮にぎっしりとつまった香りを余すことなく果汁へとうつす、おいしいマーマレードづくりにかかせない大事なこだわりです。

画像

誰もがたのしめる「食べやすいマーマレード」に

大切に育てられた果実をマーマレードにする上でバイヤーが一番にこだわったのは、ゆずやマーマレードが好きな方にはもちろん、皮感や苦みが苦手な方にもたのしんでいただけるひと味違ったマーマレードをつくること。そのために調合や炊き時間、ピール(果皮)スライスの厚さを幾度も変えるなど試行錯誤を重ね、誰もが食べやすく心地よい食感のマーマレードを目指しました。

画像

控えめでコクのある甘さと、程よいほろ苦さ
とろける食感のとれたて「完熟ゆず」マーマレード

舌触りにざらざら感を感じさせない、なめらかな口当たりとテクスチャ。食べ時の木頭ゆずの香りと風味をそのまま感じていただける、一体感のある味わいに仕上がりました。控えめでコクのある甘みと、程よい苦みのバランスがとれた特別な「ゆずマーマレード」の出来上がりです。


ORCHARD JAM
農園から届く「旬の果物ジャム」

  • 徳島県『黄金の村』 木頭ゆずマーマレード
  • ¥900(税込 ¥972)
発売日
2020年1月17日(金)
※数量限定入荷のためなくなり次第終了となります。詳しくは直接店舗までお問合せください
取扱店舗
マーケット店舗、オンラインストア
店舗一覧を見る オンラインストアを見る