SOMMELIER’S WINE SELECTION
ソムリエのワインセレクション

DEAN & DELUCAが大切にしているワインのスタイルは、値段やクラスにかかわらず、「食事と合わせて輝く」こと。食とワインの知識と経験豊かなソムリエは、幸せな出会いをセッティングしてくれる、頼もしきコンシェルジュでもあります。そこで、DEAN & DELUCAのワイン達人たちに聞いてみました。プロ目線でのワイン選びとは? ソムリエの仕事について。ワインを200%楽しむためのヒントあれこれ。
匠の目利きによるマスト・バイの顔ぶれにもご注目!

ソムリエインタビュー vol.6
2人の女性ソムリエが活躍中

  • 藤本 美由紀
  • MIYUKI FUJIMOTO
  • 福岡店ワイン担当
  • 甲斐 奈央
  • KAI NAO
  • 福岡店ワイン担当
(左)藤本(右)甲斐

お2人がワインの道に進もうと思われたきっかけは?
どんな出会いがあったのでしょう。

(甲斐)社会人になって最初の勤務先がホテルでした。たまたま配属されたのが、20,000円以上のグランヴァンしか置いていないような高級ラウンジで(笑)。やがて、フランス料理店に勤務するようになり、毎日の仕事でワインに触れる環境の中で、自然とワインに興味をもつようになりました。

(藤本)私も飲食の仕事に就いたのが、きっかけです。ワインバーとフレンチの店で料理とホールを経験しているのですが、最終的にはホールサービスを選ぶことに。経験と知識を高めようと試飲会に通っているうち、ズブズブ深みにはまり込んでいったという感じです。

(甲斐)ソムリエの資格も、好きでのめり込むうちに、当たり前の流れとして挑戦した感じ。

(藤本)そう。勉強をしているという意識はなかったかもしれませんね。

どちらも福岡店オープンの2015年に入社されているんですね。
そんなお2人にとって、DEAN & DELUCAとは、どんなお店でしょうか?

(藤本)初めて知ったのは、実店舗ではなく、オンラインショップの商品でした。忘れもしない9年前、ワインパーティーをしたとき、知り合いの奥様がネットで注文したシャークータリーセットを持ってきてくださって。プロシュートや白カビのサラミ、グリーンオリーブ、どれも本場の味と香りそのもの。まさに「WOW!」というほかない出会いでした。

(甲斐)福岡店がオープンするまで、九州にはお店がなかったですからね。でも存在は、ずっと前から知っていました。百貨店とは違った品揃えで、最上級の食材が揃うセレクトショップとして。食品業界にいる人は、みんな憧れを持っていたと思います。だから、募集を知ったときは、思わず興奮しました。私にとっては、“100万円払ってでも、そこで仕事をしたい場所”でしたので。

飲食店のソムリエからグロッサリーでのワイン販売へ。
違いを感じるのは、どんなところですか?

(藤本)シャクータリーやチーズなど、おいしい食材が目の前にあってのワインの販売なので、ペアリングを交えながら提案できるところが魅力ですね。

(甲斐)DEAN & DELUCAの場合、お客様側の“ペアリング”に対する意識も、とても高いのを感じます。ワイン専門店であれば、生産者や品種やヴィンテージなど、ワイン単体のスペックを気にされる方が多いけれど、ここでは「○○の料理に合わせたいんだけど」というご相談が驚くほど多く、来たばかりの頃は、びっくりしました。

(藤本)ニューワールドのワイン中心の品揃えも、新鮮に感じられましたね。

(甲斐)未知のワイナリーや銘柄が多いと、また新しい興味がかき立てられるし、刺激になります。

福岡店ならではの特徴を挙げるとしたら?

(甲斐)舌の肥えたお客様が多いのかな、と(笑)。ペアリングの質問も漠然としたものでなく、「こんなパスタに」「こういうソースの肉料理に」みたいに細かくて。味わいたいもののイメージを、しっかり持っていらっしゃるんだなという印象ですね。

(藤本)ワインの味で言えば、赤、白ともに、フルボディ好みの方が多いような。

(甲斐)バランス的には、赤のほうが人気が高いかも。それも、しっかりしたタイプが好まれる傾向、確かにあると思います。

(藤本)品種で言えば、ピノ・ノワールよりカベルネ・ソービニヨン。私は、もともと広島から福岡に越してきたので、特にその違いをはっきり感じました。

(甲斐)好みは本当に大事ですよね。ワインのご提案をする際も、押し付けにならないよう、お客様自身が「普段はどんなタイプのワインが好きなのか」を優先させるよう、心しています。

オープンから、そしてスタッフとなってから5年。
心に残るエピソードがあったら教えてください。

(藤本)オープンからずっと通ってくださる素敵なお客様がいらして。料理やワインについての知識、食材選びのスタイルなど、学ばせていただくことが多く、ご来店のたびに背筋が伸びる気持ちになります。

(甲斐)私も思い出というと、やっぱりお客様とのつながりが真っ先に浮かびます。いつもご家族の好みを伝えてくださる常連のお客様が、休日にファミリーでいらっしゃって、『ああ、あなたでしたか! いつもおいしいものを選んでくれてありがとう』とご主人様に感謝されたり。

(藤本)小さなことだけれど、とてもうれしいですよね。販売の現場では日常の業務に追われがちだけれど、お客様の喜びにつながるような、ふと足を止めたくなるような売場の展開を心がけていきたいです。

(甲斐)「食が主役」というDEAN & DELUCAのポリシーをベースに、自分なりの経験をプラスして、お客様に信頼されるサービスや提案をできる存在でありたいですよね。

最後に「マーケットテーブル」での取り組みについて教えてください。
レストランでも、ペアリングに力を入れていらっしゃるそうですね?

(藤本)ボトルワインはスパークリング、白、赤を各5アイテムに、グラスワインが8種類。季節に合わせたシーズナルのペアリングも組み合わせて提案しています。

(甲斐)売場のワインを買って、チャージ1,000円で持ち込むことも可能。なかなかの充実度ですよね。福岡はお酒の文化が強いので。

(藤本)春夏のグランドメニューは福岡産の旬野菜をふんだんに取り入れているので、料理に合わせて優しい味わいのナチュール系をシーズナルでご用意しています。

(甲斐)シェフの料理を試食しながら、ピンポイントでもコース的な流れでも楽しんでいただけるよう、爽やか系からしっかり系まで揃えました。ココロが弾むようなペアリングを、ぜひこの機会に楽しんでいただきたいですね。

(藤本)でも、全体的には、濃い系のワインが多いのかな。

(甲斐)そこは、やっぱり福岡ですから(笑)。

SOMMELIER’S WINE CELLAR
ソムリエが選ぶ、美味しいワイン棚

今年で、DEAN & DELUCA 福岡は5周年。お客さまと地元九州のつくり手に、感謝と尊敬の気持ちを込めて。福岡店店頭でご予約いただける、期間限定テイクアウトメニュー「NONBE Party Set」をご用意しました。おうちでのパーティー、大切な方とのひと時にお楽しみいただきたい、九州の「おいしい」を詰め込んだセットです。脂身が抜群の豚肉と糸島野菜のグリル、エスニックに仕上げた海老、九州産きのこのコンフィ、いのうえファーム華小町のカプレーゼ、そしてDEAN & DELUCA定番のケールサラダとフォカッチャ。この6品に、福岡店のソムリエが選んだのは、飲みやすく、ペアリングの楽しみを広げてくれる3本です。

KYUSYU NONBE - Party Set
~九州の食材をたっぷりと、呑べえにはたまらん限定パーティーセット~
2~3名様分

販売価格
5,500円(税込5,940円)
*要予約 店頭にて承ります。
お引渡し期間
~6月30日(火)3日前までの要予約
*店頭でのお渡しになります。

Taltarni Vineyards / Brut Tache 2013
タルターニ ヴィンヤーズ / ブリュット タシェ 2013

  • オーストラリア
  • 2,900円(税込 3,190円)

カリフォルニア・ナパに姉妹ヴァレーのあるタルターニの、世界中で高い評価を集めるスパークリングワイン。仏語で「ほんのり色づいた」という意味の「タシェ」をその名に冠した、桜を思わせる美しいサーモン色。それは、シャルドネにピノ・ノワールを加えることで生まれた、幅広い料理にあうバランスの良さの証。熟したストロベリーやフローラルなアロマに傑出したテロワールから生まれる複雑味が広がる。

フレッシュで爽やかな泡に、ピノ・ノワールが加わることで、幅広いお料理に合います。とくに、丁寧でやさしい味わいの豚肉を始め、今回のメニューにはオールマイティに合いますね。たとえば桜を眺めながらの春の行楽に。目にも口の中にも幸福な時間を、お楽しみいただけるはず。

Calera Wine Company / Central Coast Viognier 2016
カレラ・ワイン・カンパニー / セントラル・コースト・ヴィオニエ 2016

  • アメリカ カリフォルニア
  • 3,800円(税込 4,180円)

評価を集める、カリフォルニア州の生産者・カレラの白ワイン。厳選されたヴィオニエを100%使用。フレンチオーク樽などで、じっくり発酵・熟成させている。華やかな、白桃やグレープフルーツ、ジャスミンなど、ヴィオニエらしさをふんだんに含んだフレーバーは、食中酒はもちろん単体でも。

最初から私たちは「白なら、これ」。一般的なヴィオニエとはどこか違う、白桃やグレープフルーツを思わせる中にある華やかなジャスミン感が、限定メニューと文句なしに合うんです。果実味のある辛口で余韻も長く、全体を包み込むような厚さも感じられます。

Clos Du Val / Classic Napa Valley Zinfandel 2017
クロ・デュ・ヴァル / クラシック ナパヴァレー / ジンファンデル 2017

  • アメリカ カリフフォルニア
  • 4,100円(税込4,510円)

カリフォルニア州ナパヴァレーの「クロ・デュ・ヴァル」は、フランス・ボルドー出身のつくり手。ナパヴァレーのすばらしい果実味と、ヨーロッパの伝統的な手法が融合。バランスに優れた、エレガントで、余韻の長いワインづくりでも知られる。ジンファンデルを中心にブレンドした、この赤ワイン。スパイシーかつエスニック。滑らかな口当たりに、やわらかいタンニンも感じられ、凝縮した果実味が余韻を残す。

程よいペッパーとシナモンの風味が感じられるスパイシーな赤は、メインの豚肉と一緒に口に含んでいただきたい。シンプルにグリルした豚肉の優しい脂に、ワインがソースのように絡みます。きのこのコンフィも、赤ワインのタンニンと融合して、よりおいしく。ライムソースの効いた海老にも、よく合います。

SOMMELIER

藤本 美由紀
MIYUKI FUJIMOTO
福岡店ワイン担当

調理師学校を卒業後、ワインバー、フレンチレストランでの勤務を経てホールサービスの道に。勤務中の1993年にソムリエの資格を取得。2015年にDEAN & DELUCAに入社。ワインおよびシャクータリーやチーズなどを含むフレッシュ食材の発注・品出し・商品管理・販売全般を手掛ける。

甲斐 奈央
KAI NAO
福岡店ワイン担当

ホテル、フレンチレストラン勤務を経て、2015年にDEAN & DELUCAに入社。業務を通してワインに目覚め、2002年にソムリエ資格を取得。今、最も興味のあるテーマはペアリング。売場でのワイン販売のほか、レストラン「マーケットテーブル」でのワイン提案にも注力する。

ソムリエインタビュー vol.1
ワインと食の出会いが生む幸せな化学反応を見届けたい

ソムリエインタビュー vol.2
日常の食卓で、もっとカジュアルに食とワインを楽しむお手伝いを

ソムリエインタビュー vol.3
お客様に喜んでいただくために「おいしい!」を呼ぶ魔法をかける

ソムリエインタビュー vol.4
シェフだからこそ提案できる精度の高いワインペアリングを

ソムリエインタビュー vol.5
ソムリエのワインセレクション

他のコラムを読む

  • イカ墨のパエリア

    イカ墨のパエリア

  • リガトーニと2種類のチーズソース

    リガトーニと2種類のチーズソース

  • 3種のチーズとかぼちゃのリゾット

    3種のチーズとかぼちゃのリゾット

  • パエリア

    パエリア