手作りで楽しむハロウィンパーティ

10月31日は、
ハロウィンを祝おう!
みんなで仮装して、
心温まるパーティを

魔女、ドラキュラ、お化けにガイコツ…。
そんな不気味だけれどかわいいモチーフに、かぼちゃの彫刻「ジャック・オー・ランタン」。
街中がオレンジとブラックに染まったら、ハロウィンの季節到来です。
ハロウィンの起源は、スコットランドに住む古代ケルト人が死者の霊をもてなした宗教的儀式にあるといわれ、中世では謎に満ちた神秘的な夜だったそう。
時を経て、実りの秋を祝うお祭りとしてアメリカで発展し、日本では子どもが主役の仮装イベントとして、ここ数年ですっかり国民的な行事になりました。
ハロウィンの面白さは、料理やクラフトなど、手作りの楽しみが詰まっていることにもあります。
かぼちゃを彫ったり、ハロウィンシンボルをかたどったスイーツを作ったり、
キッズと一緒にパーティの準備をチャレンジして、今年もみんなで“HAPPY HALLOWEEN”!






子供と一緒に手作りハロウィン

子供と一緒に
手作りハロウィン!

01

手作りを楽しもう!


子どもも大人もみんなで遊ぶイベントだから、かぼちゃのランタンやペーパー小物も手作りするともっと楽しい! ハロウィンのデコレーション用の大きなかぼちゃは意外と簡単にくり抜けるし、お化けやコウモリモチーフのストローマーカーやリースは、ハサミで切るだけだから、ぶきっちょさんでも大丈夫。作る楽しみとハンドメイドの温かみをたっぷり味わって。

02

子どもにはキュートなお菓子を


すっかり秋の風物詩となった、子どもたちのハロウィンの仮装。「Trick or Treat!(お菓子をくれなくちゃ、いたずらするぞ!)」と叫びながらお菓子をねだる姿は、とびきりかわいいもの。キッズを招いた自宅でのパーティでも、気の利いたプレゼントを渡したい。パッケージにこだわって選んだスイーツにコウモリ風に黒いリボンを結べば、きっとみんなが笑顔に。

03

おいしいものが主役


秋の収穫を祝うお祭りに起源をもつハロウィンだから、みんなで集まって食卓を囲むひとときは欠かせません。ここでの主役は、かぼちゃやモンスターをかたどったお菓子たち。カップケーキにバタークリームでお化けを絞り出したり、スパイダー柄を描いたり……。イマジネーションを総動員して、ふだんの食事とは違う、夢とお化けの世界を食べ物で表現しよう!

04

部屋の装飾は欠かせない!


ハロウィンといえば、コウモリやクモ、モンスターなどのモチーフに、かぼちゃのオレンジ×魔女やドラキュラの黒がテーマカラー。お部屋の壁もテーブルの上も、ハロウィン仕様にデコレーションすれば、ぐっと気分が盛り上がります。子どもの好きな「ちょっとコワイ」ものばかりだから、小さなお化け屋敷を作るつもりで飾りまくりたい!





デコレーションで楽しむハロウィンスイーツ

デコレーションで楽しむ
ハロウィンスイーツ

現代のハロウィンでは「かわいいオバケ」や、「怖いけどチャーミング」なお菓子がパーティの主役。
カップケーキやクッキーのデコレーションの第一人者、岡田理可さんに手作りスイーツのコツを教わりました。

一度は挑戦してみたい、ハロウィンモチーフ満載のデコレーションカップケーキ。
パンケーキミックスでベースのケーキを焼き、チョコとクリームを塗れば完成!
お子さんと一緒に、楽しい手作りのひとときを!


〈 基本のココアのカップケーキ 〉

【材料】

直径6cmのマフィン型5個分

  • 卵(Lサイズ) 1個
  • グラニュー糖 60g
  • 牛乳 40ml
  • 溶かしバター 40g
  • パンケーキミックス 150g
  • ベーキングパウダー 小さじ1
  • ココアパウダー 20g
【作り方】

スパイダー用]マフィン型の内側に溶かしバターを薄く塗り、ココアパウダー(分量外)をふって、余分をはたいておく

[その他]マフィンカップを型に敷いておく

  • 1)卵~溶かしバターまでの材料をボウルで合わせ、泡だて器で全体が少しもったりするまでよく混ぜる。
  • 2)パンケーキミックス、ベーキングパウダー、ココアを(1)のボウルにふるい入れ、ゴムべらで粉気がなくなるまで混ぜ合わせる。
  • 3)用意しておいた型に生地を入れ、175℃に温めたオーブンで約20分焼く。


〈 チョコレートソース 〉

【材料】
  • ダークチョコレート 35g
  • 食塩不使用バター 5g
  • ホワイトチョコレート 20g
【作り方】
  • 1)ダークチョコレートとバターはボウルに入れて湯煎で溶かす。
  • 2)今度はボウルの底を氷水につけながら、チョコレートにとろみがつくまで冷ます。
  • 3)ホワイトチョコレートはレンジで溶かし、柔らかい状態でコルネ袋に入れておく。

(1)カップケーキを型から外し、底の平らな面を上にする。安定が悪い場合は下になる部分を少し切り落とす。

(2)スプーンを使って、カップケーキの上部にチョコレートを塗る。側面もスプーンでならすように塗る。

(3)チョコレートが固まらないうちに、ホワイトチョコレートで細い円を的のように3つ描く。

(4)楊枝を使い、中心から外側へ向かって   蜘蛛の巣状に線を引く。好みの飾りをのせる。


〈 バタークリーム 〉

【材料】
  • グラニュー糖 120g
  • 水 40ml
  • 卵白 約3個分(ボウルに入れて冷やしておく)
  • 食塩不使用バター 400g(柔らかい状態にしておく)
  • バニラオイル 少々
【作り方】
  • 1)小鍋にグラニュー糖と水を入れて中火にかけ、温度計を用意してシロップを作る。温度が上がり始めたら、 卵白をハンドミキサーの中速で白っぽくフワフワになるまで泡立てる。
  • 2) 小鍋のシロップが115℃になったら火から下ろし、泡立てている状態の卵白に少しずつ加えて、ボウルの底を触っても熱さを感じなくなるまで泡立て続ける。この時点で、キメの細かいピンと角が立つメレンゲが完成。
  • 3) 柔らかくしたバターを3回に分けて加え、その都度よく混ぜる。
  • 4) バニラオイルも加え、つやが出てフワッとしたクリームになったら出来上がり。

(1)バタークリームに好みの着色料(赤・黄)を加えてオレンジ色にし、大きめの星形の口金を付けた絞り出し袋に入れる。ふちに添って1周ぐるりと絞り出す。

(2)さらに2周絞って高さを出す。好みのアイシングクッキーやキャンドル、ピックを刺してでき上がり。

(1)カップケーキの表面をバタークリームで覆う。残りのクリームを1.3cmの丸口金を付けた絞り袋に入れ、真上からもたつかせながら絞り上に引き抜く。

(2)溶かしてコルネ袋に入れたチョコレートで、目と口を描く。口は縦長に描いた方がお化けらしさが出る。好みでキャンドルやピックを刺す。

大人むけのスイーツには、グラスに入れたトライフルを。
ベリーのコンポートやピスタチオのクリームを重ねて、
美しい層を作るのがポイントです。ココア生地はパンケーキを焼けば完成だから、気軽にトライ。


〈 アメリカンパンケーキ 〉

【材料】
  • パンケーキミックス 1カップ(おすすめ商品は左ページ参照)
  • ココアパウダー 20g
  • 牛乳 3/4カップ
  • 溶かしバター 大さじ2
  • 全卵 1個
【作り方】
  • 1) ボールに卵を割り入れ、8分立てにし、牛乳を注ぎよく混ぜる。
  • 2) パンケーキミックスとココアパウダーを加えダマがなくなったら、溶かしバターを加える。
  • 3) フライパンに薄く油をぬって生地を流して焼き、表面にポツポツと穴があき、まわりが乾いてきたら裏かえし、うっすら焼き色がついたら取り出す。
  • 1)アメリカンパンケーキを3cm程のキューブにカットしておく。
  • 2)シロップがパンケーキ全体に浸みるようにたっぷり塗りながら、グラスの底にきっちり埋める。
    その上に、ピスタチオカスタードクリーム・コンポート・シャンティクリームを順に重ねたら、
    もう一度シロップを塗りながらパンケーキでフタをする。
  • 3)最後にシャンティクリームで飾り、お好みでチョコレートを削って振りかけて完成。よく冷やして食べましょう。


〈 シロップ 〉

【材料】
  • 水 150ml
  • グラニュー糖 75g
  • キルシュ 30ml
【作り方】
  • 1) 水と砂糖を電子レンジにかけて沸騰させ、冷めたらキルシュを加えておく。


〈 シャンティクリーム 〉

【材料】
  • 生クリーム 300ml
  • グラニュー糖 大さじ3
  • キルシュ 大さじ2
【作り方】
  • 1)ボウルの底を氷水にあてたボウルで、材料を合わせて7分立てにする。


〈 赤い実のコンポート 〉

【材料】
  • ミックスベリーフルーツポンチ(230g)1瓶
【作り方】
  • 1) 大きめのフルーツは、1.5cm位の大きさに揃えてカットしておく。

使ったのはこちら

DEAN & DELUCA
ミックスベリーフルーツポンチ
2種類のベリーとチェリーをいちごのシロップに漬け込んでいます。そのまま食べても、白ワインやソーダ水と割ってもおいしい。


〈 ピスタチオカスタードクリーム 〉

【材料】
  • 牛乳 230ml
  • 卵(L) 1個
  • グラニュー糖 55g
  • 薄力粉 20g
  • ピスタチオクリーム 40g
【作り方】
  • 1)ピスタチオクリーム以外の材料を泡だて器で良く混ぜ合わせ、耐熱ボウルに漉しながら移し、ふんわりとラップをかけたら電子レンジ≪500-600W≫で2分加熱する。一旦取り出して全体を良く混ぜ、更に2分。同じ内容で1分x2回、合計6分電子レンジにかけて、滑らかなカスタードクリームを作ったら、バットなどに広げてラップを直に被せ、 一気に冷ましておく。
  • 2)冷めたら、ピスタチオクリームを加えて混ぜる。

使ったのはこちら

DEAN & DELUCA
ピスタチオクリーム
地中海沿岸でとれるエメラルドグリーンのピスタチオを贅沢に使用。砕いたピスタチオ入りで、歯ざわりと風味を存分に楽しめます。


  1. (1)アメリカンパンケーキを3cm程のキューブにカットしておく。

  2. (2)シロップがパンケーキ全体に浸みるようにたっぷり塗りながら、グラスの底にきっちり埋める。
    その上に、ピスタチオカスタードクリーム・コンポート・シャンティクリームを順に重ねたら、
    もう一度シロップを塗りながらパンケーキでフタをする。

  3. (3)最後にシャンティクリームで飾り、お好みでチョコレートを削って振りかけて完成。よく冷やして食べましょう。

sweets maniac 岡田理可 さん

岡田理可 さん

お菓子研究家。高校時代にアメリカに留学し、お菓子作りに開眼。現在は「スイーツマニアック」を主宰し“見て楽しい、食べておいしい”オリジナルのお菓子をお母様の英子さんと共に制作中。優れた色彩感覚から生まれるアイシングクッキーや繊細で華麗なデコレーションが施されたカップケーキで、多くの人に笑顔を届けている。

幼い頃からお母様の手作りおやつが大好きだったという岡田理可さん。「帰宅時間にちょうど焼き上がるようにケーキを作ってくれていたんです。ドアを開けると甘くておいしい香りが漂って…。母の味が、今でもお菓子作りのベースですね」。そんな岡田さんがこだわるのは、季節感と色彩、そして思い出に残ること。「ハロウィンモチーフは、少し失敗したくらいがかわいいので、デコレーションの完成度にはこだわりすぎず、まずは挑戦を。お子さんも一緒に手作りして、今年のハロウィンを、大人になっても記憶しているステキなベントにしてほしいです」
sweets maniac
ハロウィンクッキー

DEAN & DELUCAオープンからのロングセラー商品、スイーツマニアックのオリジナルクッキー。ハロウィンバージョンは、プチバッグ4種、シーズナルギフトBOX3種に加え、6つのキャラクターが揃ったフルラインナップのBOXも登場。生地は薄めで歯ざわりサクサク、アイシングも甘すぎず、食べやすいのが魅力です。今回レシピを紹介したカップケーキにも、このクッキーをトッピングするとハロウィンらしさが倍増します。かぼちゃの表情やお化けのポーズがキュートすぎて、食べるのがもったいなくなりそう!?
プチバッグ、シーズナルギフトBOX、ハロウィン・トリート






デコレーションで楽しむハロウィンスイーツ

ハロウィンをお茶目に彩る
クラフトアイディア

いつものお菓子や器がちょっとホラーに(?)輝き出す、
クラフトのアイデアをご紹介。
ユーモアあふれる発想力と、ちょっとのひと手間で
身近な素材にハロウィンの魔法をかけよう!

deco bucketのイメージ

小さなバケツは、パレードのお菓子入れに最適。オレンジと白のマスキングテープやラベルシールを思い思いに貼って、ハロウィンカラーに変身!

jack-o’-lanternのイメージ

一度は作ってみたい、憧れのジャック・オー・ランタン。ハロウィン用の大きなかぼちゃは、普段食べている緑のかぼちゃよりも皮も実もやわらかで、くり抜きやすいから、案外簡単!まずは底に穴をあけ、中身をすべてスプーンでかき出してから、ナイフやカッターで顔を彫ろう。顔は、先にマジックで三角形の目と鼻、ギザギザの口を描いてから切ると失敗しづらい。ケガには注意を!

ribbons batsのイメージ

お菓子のラッピングは、リボンでできたコウモリがおススメ。黒いリボンを適当な長さに切り、縦半分に折ってから結び目を作ります。このとき、逆三角形を意識するとよりコウモリっぽくなります。ピンキングはさみで端を斜めに切り落とし、手芸屋さんで購入できる目玉のパーツを接着剤で付ければ完成!

ribbons batsのイメージ2

黒目が動く目玉のパーツでユーモラスな表情に。パーツはとても小さいので、ピンセットを使って付けると失敗知らずです。

papercraftsのイメージ

ハロウィンらしさ満点の紙アイテムを簡単に作れるダウンロード素材をご用意しました!プリントアウトして厚紙と貼り合わせて切り取り、切り込みを入れれば、かわいいチャームのでき上がり。ストローに差したり、ぶら下げてオーナメントにも。クレヨンで名前を書くのもおすすめ。

papercraftsのイメージ

黒やオレンジのボール紙に両面テープで貼り付けてからハサミやカッターで切り取ろう。裏表で異なるカラーにしても素敵。




他のコラムを読む

  • パキーノトマトとスキャンピのリングイネ

    パキーノトマトとスキャンピのリングイネ

  • クロシェッティーのピスタチオソース

    クロシェッティーのピスタチオソース

  • ペンネのクルミソース

    ペンネのクルミソース

  • イカ墨のパエリア

    イカ墨のパエリア