バーニャカウダ

SALADS

バーニャカウダ

イタリアのピエモンテ州の冬に欠かせない郷土料理。バーニャはソース、カウダは熱いという意味で、熱々のソースに新鮮な季節野菜をつけてたのしむ。ソースをすくいやすいように、野菜を大きめにカットして。

材料...

  • アンチョビフィレ…30g
  • ニンニク…1個
  • ピュアオリーブオイル…40cc
  • パプリカ、セロリ、アンディーブなどの季節野菜

作り方

  1. 下ごしらえとして、アンチョビは油をきり、包丁で細かく刻んでおく。

  2. ニンニクは皮と芽を取り、やわらかくなるまで水からゆでる。

  3. ニンニクがやわらかくなったら取り出し、熱いうちに包丁の側面を使ってつぶし、ペースト状にする。

  4. 小さな鍋にオリーブオイルを熱し、刻んだアンチョビを入れて香りがするまで中火にかける

  5. ペースト状にしたニンニクを加えてオイルをなじませていき、途中水を少々足して、なめらかなペースト状にする。

  6. 皿に食べやすく切った野菜を盛り、バーニャカウダを添える

他のコラムを読む

  • パキーノトマトとスキャンピのリングイネ

    パキーノトマトとスキャンピのリングイネ

  • クロシェッティーのピスタチオソース

    クロシェッティーのピスタチオソース

  • ペンネのクルミソース

    ペンネのクルミソース

  • トマトとプロシュートのカッペリーニ

    トマトとプロシュートのカッペリーニ