商品検索

日本各地のうどんを味わう 夏の冷し麺

画像

土地やつくり手によって形も味も異なる「夏の麺」が勢揃い

この夏、DEAN & DELUCAでは、「うどん」に注目し、日本各地で作られ、食べ継がれてきた個性あるうどんを一挙11種類ご紹介します。
シンプルな製法ながら、太さや食感、喉越しが異なり、さらに、それぞれの地域で親しまれてきた「食べ方」や「組み合わせ」があるのも、選ぶ楽しみのひとつ。定番のものから、初めて見るものまで、様々な種類のうどんの美味しさを体験してみませんか。
画像

紀州南高梅肉を練り込んだ“梅色”の麺を、梅干しと大根おろしでさっぱりと。

透き通ったお出汁でいただく、
絶妙な細さと喉越しの手延べうどん
和歌山

昭和25年創業の和歌山県にある『成戸製麺所』がつくる、紀州南高梅肉を麺に練り込んだ 爽やかな色と香りの梅うどん。梅の風味を損ねない醬油蔵が作る本醸造醬油を使った 国産原料本格だしに梅干の酸味、とろろ昆布の旨み、さっぱりとした大根おろし、 夏野菜がよく合います。

茹でている間も、茹であげたあとも、ほんのりと香る梅の香りが、食欲がなくなりがちな、夏の一皿にぴったりです。

おすすめの組み合わせ
画像

透き通ったお出汁でいただく、絶妙な細さと喉越しの手延べうどん

海津屋「氷見うどん」でつくる
「すだちとみょうがの冷やしうどん」
富山

手延べならではの程良い細さの氷見うどん。 つるつるとした食感と喉越しの良い麺は天然真昆布と 鹿児島県産一本釣り鰹本枯節と高知の完全天日塩のみでつくる出汁つゆで。輪切りのすだちとみょうがで爽やかな一杯に。

おすすめの組み合わせ
画像

麺のかけら(かっけ)と呼ばれる、四角い麺は、熱々のまま肉味噌をかけて、豪快に。

古舘製麺所「むぎかっけ」でつくる
「鶏味噌と木の芽のかっけ」
岩手

東北南部地域に伝わる郷土料理「むぎかっけ」。三角形に切って豆腐などと煮込んで食べます。小麦の香りともちもちの食感は鶏味噌に七味ごま、卵黄を合わせたたれに和えて木の芽の上品な香りでまとめるのがおすすめ。

日本各地の「うどん」を味わう 夏の冷し麺

販売期間
7月6日(金)~8月31日(金)
取扱店舗
六本木品川アトレ川崎有楽町新宿渋谷恵比寿八重洲吉祥寺横浜名古屋京都大阪福岡アミュプラザ博多
※店舗により取扱商品が異なります。詳細は店舗へお問合せください