商品検索

「土用の丑の日」に食べたいもの

プロダクト 2018.07.05
画像

『う』のつくものをたべよう

「丑の日にちなんで、『う』のつく食べ物を食べると夏負けしない」という風習から、今も続く「土用の丑の日」。

そもそも「土用の丑の日」とは、暦上、年に4回ある「土用(*1)」の中でも立秋の前に訪れる「夏の土用(*2)」の「丑の日(*3)」のことをさします。

*1 土用・・・立夏・立秋・立冬・立春の前のそれぞれ18日間をさします。
*2 夏の土用・・・土用の中でも、立秋前の7月20日頃からの18日間をさします。
*3 丑の日・・・土用の18日間の中で、十二支の「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥」の“丑”にあたる日

この夏の「土用の丑の日」に食すと良いといわれる 『う』 のつくものが、ご存知「うなぎ」です。夏場に売れない鰻屋さんのプロモーションが始まり、という説もありますが、この時期に栄養豊富なうなぎを食す、というのは、夏バテしがちな体にスタミナをつけるという意味ではとても理にかなっているのかもしれません。
そんな日本の暦や歴史を少しだけ感じながら、“日本の夏”の風物詩のひとつ、「土用の丑の日」をぜひお楽しみください。

DEAN & DELUCA各店では、「土用の丑の日」7月20日(金)限定で、「うなぎ」をつかったお料理をご用意しています。

画像

四万十鰻とアボカドのカリフォルニアロール

【ご予約承り中】
四万十川の支流深木川の地下水で育った鰻を黒米の酢飯とアボカドをあわせたロール寿司に仕上げました。土用の丑ならでは定番の味わいをお楽しみください。

¥1,800 (税込¥1,944) / 1本

<ご予約について>
下記、取扱い店舗にて、ご予約を承っております。
お受取りにご来店いただける店舗を選んでお問合せください。

発売日:7月20日(金)限定発売
取扱店舗: 店舗一覧を見る
画像

四万十鰻と焼き茄子の山椒炊き込みご飯

実山椒と生姜をきかせた炊き込みご飯に、四万十の鰻ととろりとした焼き茄子、夏野菜を飾り彩りよく仕上げました。

¥1,450 (税込¥1,566)

取扱店舗:

はたらく器、おいしい皿。2018