商品検索

春のお重ごはん

旬の味と彩りを愛でる、
春のお重ごはん。

お重はおせちだけ、なんて思っていませんか。
すっきりとシンプルなDEAN & DELUCA特製のお重箱なら、季節を問わず幅広いシーンでお重料理を楽しめます。伝統的な和の味はもちろん、洋のモダンな料理ともなじむ端正な姿と実用性の高いデザインも魅力。例えばこの時季なら山菜やたけのこを使った旬の味を詰めて。春の味覚と淡い彩りを楽しむ春ごはんはいかがでしょう。





HOW TO ENJOY

お重の楽しみ方

3段それぞれのおいしさを詰める、
お重の楽しみ方。

一の重:
春野菜のほろ苦味が体を浄化する、精進料理風のスターター

スターター的役割の一の重には、肉や魚を使わない春野菜づくしのおかずで作る「精進料理風」がおすすめ。春野菜のほろ苦さにはおいしさだけでなく、体を浄化する作用もあるといわれています。そんな旬の味わいを存分に楽しみたいなら、アスパラやじゃがいもなどのだし浸しを。春野菜の美しい色合いとほろ苦さを楽しめる、目にも舌にも、そして体にもおいしい一品です。

Tips

一の重は密閉できる内蓋付きなので、少々汁気のあるものや乾燥させたくない料理にも適しています。そして詰め方にも一工夫。同心円に巻いたり、縦横互い違いに詰めたり。単純な形を組み合わせたリズミカルな表現が、日本の美を感じさせます。

二の重:
ワインもすすむ、和洋取り混ぜて彩り豊かな簡単おつまみ

9つのマスを彩るのは、和洋取り混ぜたバリエーション豊かなお酒の肴。これは何かな?と選ぶのも楽しい、心躍る9品を揃えて。コツは、甘味、酸味、塩味と味にメリハリを付けること。また一の重と三の重を繋ぐ部分なので、お重全体のバランスも考えて。そんな絶妙な味付けをキメる秘密兵器は、DEAN & DELUCA自慢のパッケージフード。合わせるだけ、詰めるだけの一手間でおいしい一品が作れます。

Tips

小さなマスに詰める料理は、コンパクトに食べやすく。和え物はプチトマトなどカップに見立てた食材に詰めて、巻物は楊枝の代わりに野菜の茎で結んで固定して。手を汚すことなくスマートにつまめるから、お重を囲む会話もますます弾みます。

三の重:
締めのごはんは、食事にもおつまみにもなる味付きおむすび

締めくくりは、食事にもおつまみにもなる味付きごはん。仕切りのない大きなスペースを額に見立てて、今回は3種のおむすびで春の景色を描きます。ゴマまぶしの雑穀おにぎりは“大地”、茶懐石の名店「中伴」特製ちらし寿司の具で作るおむすびは、薄焼き玉子で巻いて“菜の花”に。そしてほんのりピンクの紅ショウガごはんは“桜”をイメージして。目にも美しいパステルカラーのごはんです。

Tips

最後のお楽しみは、締めのごはんもの。お酒のおつまみにも食事にもなるような混ぜごはんがおすすめです。コンパクトなおむすびにすれば、片手でつまめて手軽。子供も大好きなおむすびだから、やさしい味に仕立てて皆で味わいたいものです。




RECOMMENDED RECIPE

おすすめレシピ

春のお重にぴったり、おすすめレシピ

一の重:
「だし屋の白だし」と「お手間とらせ酢」を使って、
春野菜のまろやかだし浸し&酢浸し

1.お湯400ccに「だし屋の白だし」40ccを加えて沸騰させ、ミニアスパラ(20本)と拍子木切りしたじゃがいも(2、3個)を入れる。
2.火を止め、アスパラは1分で上げ、じゃがいもはそのままさます。
3.さましたじゃがいもは、お手間とらせ酢(100cc)に浸す。
作ってから食べるまで時間を置くことも多いお重。だし浸しも、汁気を少なくメリハリある味に仕立てて。濃いめのだしをゆっくりと染み込ませるので時間が経っても味はくっきり。汁がしみ出す心配もありません。

使ったアイテム

しろだし

お手間取らせ酢

二の重:
「サバのフィレのオリーブオイル漬け」と「タジャスカ産オリーブ」を使ってツナタプナードのトマトカップ

1.サバのフィレのオリーブオイル漬(100g)、オリーブ(100g)、ケッパー、フレンチマスタード、オリーブオイル(各少々)をフードカッターかミキサーでペースト状にする。
2.ミニトマトのヘタを取って中身をくり抜き、ペーパーの上に逆さにして水分を出す。
3.スプーンで2に1を入れ、ローズマリーや刻みオリーブを飾る。
※サバのオイル漬けがない場合は、ツナ(マグロ)のオイル漬けでも代用可。
くり抜いた野菜をカップに見立てて。アペタイザーのペーストが、食べやすいミニサラダになります。プチトマトの甘味とタプナードの塩気が抜群のハーモニー。ワインのおともにも最高です。

使ったアイテム

サバのフィレのオリーブオイル漬け

タジャスカオリーブオイル漬け

三の重:
中伴「ちらし寿司の具」と「すし酢」を使って一口ちらし寿司

1.硬めに炊いたごはん(3合分)に、「すし酢」1/2瓶、「ちらし寿司の具」1瓶を混ぜる。
2.さやえんどう少々を、歯ざわりを残して茹でて細く切り、1に加える。
3.卵をよく解いて、水溶き片栗粉を加え、薄く焼く。
4.俵型にした2に3の薄焼き卵を帯のようにして巻く。間に茹でた青菜を挟んでも。
具を煮るところから始めるとなると手間のかかるちらし寿司。茶懐石の名店「中伴」のちらし寿司の具とすし酢を使えば簡単に上質な味に仕上がります。卵と青菜を添えて、菜の花をイメージ。

使ったアイテム

鮨の具

すし酢




INTERVIEW

インタビュー

藤本紀久子さんに聞きました。
しなやかに「和」を楽しむ、春のお重ごはん。

シンプルなデザインの中に伝統的な和の美意識と、洋のモダンさを併せ持つDEAN & DELUCAオリジナルのお重。センス良く使いこなすコツを、フードコーディネーターの藤本紀久子さんに教えていただきました。

藤本紀久子さん
フードコーディネーター&プロデューサー。大手百貨店やレストランのコーディネーションを中心に活躍中。「スタジオカルティベイト」主宰

DEAN & DELUCAのお重の魅力は、何よりその自由さ。漆や蒔絵、おせちを思わせる“和”の記号を取り払って、日本の伝統的な容器を現代にリファインしたのがこのお重です。本来の様式美は残しつつ、入れる料理で雰囲気ががらりと変わるしなやかさ、汎用性の広さも魅力ですね。

和の伝統と「用の美」を兼ね備えた器には、日本のスピリットをさりげなく漂わせる料理がよく似合います。でも難しく考える必要はありません。例えば薬味あるいは青味を添える、そんなあしらい一つにも日本人ならではの季節を楽しむ心があると思うのです。また茶懐石では四角い空間にあえて丸いものを入れる「方円」という考え方がありますが、そんな和の盛り付け技もお重なら簡単に実践できますね。同時に洋のモダンさも併せ持つのがDEAN & DELUCAのお重。無駄をそぎ落とした姿かたちには幅広い料理を受け止める懐の広さがあるから、和洋の味をうまく合わせて楽しみたいもの。料理だけでなくいただく場面もしかり。おせちだけでなく、ちょっとした集まりなどにも気軽に登場させてください。今の季節なら、休日に楽しむ春食材のお弁当はいかがでしょう。伝統的な和食に、ワインにも合う洋のテイストを添えてリラックス気分で囲みたい旬満載の3段です。
一の重のテーマは「精進」。春はあえてお肉やお魚を使わず、ほんのりと苦い春野菜で体を浄化するスターターがおすすめ。ふきのとうやぜんまい、菜の花。そんな春食材ならではの苦味は昔から「毒素」を出すと伝えられています。効能だけでなく、淡い苦味を味わうこともまた春の醍醐味。そんなほろ苦さには、自然派などのデリケートな白ワインがよく合います。ブドウ品種なら、森林の香りを思わせるソーヴィニヨン・ブランがぴったりです。

二の重には、酒の肴を彩りよく集めた目にも楽しい簡単おつまみを。9種の料理を手早くおいしく仕上げる強い味方は、DEAN & DELUCAのすぐれたパッケージフード。確かな作りのパッケージフードがあれば、混ぜるだけ、加えるだけでバランスと深みを備えた味がスムーズに決まります。使ってみれば、その実力や手軽さに驚くはずですよ。またこれだけの種類を美しく効率よく詰めるのには普通かなりのコツがいるもの。でもこのお重はすべてのマスがカップとして独立しているのでとても詰め合わせが楽です。カップごと手にとって食べることも、ムースやジュレならカップにそのまま流し込んでから冷やし固める、なんてこともできるのです。

三の重は締めの重。お酒の後の人と飲み続けながらの人、そのどちらの方でもおいしく楽しめる、おつまみにもなるものを。今回おすすめしたいのは、3種のおむすび型混ぜごはんです。下から土の色、菜の花の黄色、桜のピンク色と、お重を春の景色に見立てました。“見立て”は日本ならではの文化。またそういうテーマを自分なりに設定するのも楽しいものです。日本ならではの遊び心を持って、お重を楽しんでみてはいかがでしょうか。バランスよくお重を仕立てるポイントは、凝り過ぎないこと、そしてテーマを絞って作ること。あれこれと考えすぎず、3段全てで一つのストーリーを伝えるような気持ちでレシピや演出を考えてみてください。家族で、夫婦で、または友達と。誰とどんな風に食べよう?とお重を囲む場面を思い浮かべながら、肩の力を抜いて楽しみながら作ること。そうすればきっと、皆の喜ぶ顔が見られるはずですよ。

DEAN&DELUCA特製お重、購入できます。

シンプルなフォルムに白が映える、DEAN&DELUCAオリジナル3段重。これまでの「お重」のイメージを覆すモダンなデザインで、和洋を問わずさまざまなシーンで活躍してくれます。1段目には密閉性の高い内蓋を付け、仕切りには独立したカップ型にするなど使い勝手にもこだわりました。ロゴ入りのバンド付きで、よりスタイリッシュに。お重がすっぽり入るクーラーバック(別売)と合わせれば、持ち運びにも便利です。

お求めはこちらから>>

↑このページの先頭に戻る


関連商品

  • DEAN & DELUCA タジャスカオリーブのオイル漬け

    DEAN & DELUCA タジャスカオリーブのオイル漬け

SPECIAL ISSUE

  • 京都の伝統を旅する

    京都の伝統を旅する

他のコラムを読む

  • 旅する DEAN & DELUCA 四国編

    旅する DEAN & DELUCA 四国編

  • 京都の伝統を旅する

    京都の伝統を旅する