平松洋子さんのおいしい本棚

平松洋子

平松洋子

エッセイスト
1980年、東京女子大学文理学科社会学部卒業
新聞、雑誌、書籍等で広く執筆活動をおこなう。
主著に『買えない味』(筑摩書房) 第16回bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞
『野蛮な読書』(集英社) 第28回講談社エッセイ賞受賞 など。
近刊に『小鳥来る日』(毎日新聞社)、『ステーキを下町で』(文藝春秋)。

  • ステーキを下町で

    出版社:文藝春秋

    この言葉、油が乗り切った絶品です。

  • 小鳥来る日

    出版社:毎日新聞社

    日々起こる、ちょっとした奇跡みたいなはなし。

  • 野蛮な読書

    出版社:集英社

    野蛮、健啖、芳醇、絶品。

  • 食べる旅 韓国むかしの味

    出版社:新潮社

    探し求めたのは、消え入る前の食の記憶。

  • 忙しい日でも、おなかは空く。

    出版社:文藝春秋

    よく読み、よく書き、よく食し、よく作る人。

おいしい本棚2013一覧