商品検索

素材を知りつくしたつくり手がつくる「万能だし」

プロダクト 2017.12.25
画像

素材を知り尽くしたつくり手が作る、DEAN & DELUCA 限定 3種の「万能だし」。余分なものを使用せず、素材本来の香りと旨みを大切にしました。料理の味を引き立てる万能だしです。

< 一袋でとれるだしの目安 >
・みそ汁のだし・・・・3人分(1人分 150cc)
・お吸い物のだし・・・・3人分(1人分 150cc)
・めん類のかけ汁・・・・2人分(1人分 200cc)
・煮物のだし・・・・2人分(1人分 200cc)
・おでん・鍋物のだし・・・・500cc
画像

京都のおだし専門店とつくった、
極上の「まぐろだし」

枯節と荒節、2種類のまぐろ節と、利尻昆布をあわせた「うねの謹製 まぐろだし」。まぐろ節と昆布のおだしの組み合わせは京都の料亭などでも使われ透き通った黄金色と雑味のない香りと味わいが特徴です。素材をそのままにお吸いものやおひたしに。

― 美味しいだしの取り方 ―
1. 鍋に水500ccを沸騰させ、だしパック1袋を入れてください。
2. 中火にし、5分程度煮出し、火を止めてからパックを取り出してください。

画像

つくり手の紹介

うね乃 (京都)

明治36年創業、現在では非常に少なくなった京都市内に本店を構える“おだし”の専門店。 京都の社寺や料理屋に昆布や鰹節を卸してきた『うね乃』のだしは伝統技法を用いてつくられる繊細な味わいです。自然原料へのこだわりも強く、顔の見えるつくり手から仕入れ、環境と人にやさしい商品づくりを行い、添加物を一切使用していない上質天然素材「本物だし」をつくっています。

画像

「うね乃謹製 まぐろだし」を使ったレシピ

画像

RECIPE 1. 壬生菜とトマトのにゅう麺
RECIPE 2. オニオングラタンスープ
RECIPE 3. 大根とお揚げの炊いたん

RECIPE 1

壬生菜とトマトのにゅう麺

[材料]
□うね乃謹製 特選だし(だしパック1、水500ccで煮出した物) 200cc  □薄口しょうゆ 15㏄  □みりん 10㏄  □セミドライトマト 9g(2枚)  □トマト 1/2個  □壬生菜(他の青菜でも可) 8g  □柚子皮 1かけ  □そうめん 100g

[つくりかた]
1. トマトは湯剥きし、6等分に切る
2. セミドライトマトは薄皮を取り除き縦に切る
3. 壬生菜はさっと茹で氷水で冷まし、水気を切り5cm程度の長さに切る
4. まぐろだしの中に①と②を入れ薄口しょうゆ・みりんを入れひと煮立ちさせる。
5. そうめんを茹でる
6. 5を器に盛り、4をかけ壬生菜と柚子皮を飾る
TIPS!
オリーブオイルを最後にひとかけするとさらに美味しく頂けます。

RECIPE 2

オニオングラタンスープ

[材料]
□ うね乃謹製 まぐろだし 500cc (だしパック1、水500ccで煮出した物)  □ 玉ねぎ 3個  □ にんにく 1/2個  □ バター 15g  □ ローリエ 1/2枚  □ 塩 適量  □ フランスパン(薄切り) 4枚  □ シュレッドチーズ 40g

[つくりかた]
1. 鍋にバターを溶かし、薄切りにした玉ねぎとにんにくを飴色になるまで炒める
2. 1にまぐろだしとローリエを加え、弱火で10分程煮込む
3. ローリエを取り出し、スープを耐熱容器に入れ、フランスパンを浮かべる
4. 上からチーズをたっぷりのせ、チーズがこんがり焼けるまでオーブンで焼く

RECIPE 3

大根とお揚げの炊いたん

[材料]
□ うね乃謹製 まぐろだし 300~400cc (だしパック1、水500ccで煮出した物)  □ 塩 適量  □ 大根 200g  □ 油揚げ 1/4枚  □ 薄口醤油 大さじ1

[つくりかた]
1. 大根は2㎝ほどの厚さの半月切りにする
2. 油揚げは切って湯通しする
3. 大根は竹串が通るくらいまで水から下茹でする
4. 鍋に大根と油揚げ、まぐろだしを入れ、薄口しょうゆと塩を加える
5. 大根に味が染みるまでコトコト炊く
TIPS!
一度冷ましてから、もう一度炊くと味がよく染み込みます。

スタッフのおすすめ

画像

枯節と荒節に利尻昆布をあわせた、洗練された旨みと香りがひろがる万能まぐろだしパック

うね乃謹製 まぐろだし / 10パック入
¥1,200 (税込 ¥1,296)
オンラインストアで買う

画像

長崎ならではの良質な原料を使った
コクが広がる「焼きあごだし」

炭火で焼き上げた平戸産のあご節に、鰹、鯖、鰯、昆布をあわせた「中嶋屋本店謹製 焼きあごだし」は、芳醇な旨みと深いコクが広がります。あっさりしていてコクがある味わいが素材に染み込みます。みそ汁、煮物、鍋物に向いています。

― 美味しいだしの取り方 ―
1. 鍋に水500ccを沸騰させ、だしパック1袋を入れてください。
2. 中火にし、5分程度煮出し、火を止めてからパックを取り出してください。

画像

つくり手の紹介

中嶋屋本店 (長崎)

昭和23年の創業以来、削り節の製造及び煮干しをはじめ長崎県内の水産物を販売する会社として70年間営業を続ける『中島屋本店』。良質な原料の宝庫、長崎だからこその選りすぐりの素材を使った製品づくりを行っています。

画像

「中嶋屋本店謹製 焼きあごだし」を使ったレシピ

画像

RECIPE 1. 小芋の白味噌 ゴルゴンクリーム仕立て
RECIPE 2. コク旨おでん
RECIPE 3. 牛肉じゃが

RECIPE 1

小芋の白味噌 ゴルゴンクリーム仕立て

[材料]
□中嶋屋商店謹製 焼きあごだし(だしパック1、水500ccで煮出した物)400cc  □白味噌 60g  □生クリーム 20g  □ゴルゴンゾーラチーズ 10g  □石川小芋(一般の小芋でも可) 6個  □金時人参(1㎝程度の輪切り) 30g  □鰹節(糸削り) 適量  □九条ねぎ 適量

[つくりかた]
1. 小芋は皮つきのまま、下の平らな部分を切って水から茹で皮をむく
2. 輪切りにした金時人参を下茹でする
3. 焼きあごだしに白味噌とゴルゴンゾーラを溶き、生クリームを加えよく混ぜ合わせる
4. お椀に小芋と金時人参を入れ温めた3をかける
5. 仕上げに鰹節と刻んだ九条ねぎをのせる
TIPS!
ゴルゴンゾーラがない場合、生クリームだけでも美味しくお召し上がりいただけます。

RECIPE 2

コク旨おでん

[材料]
□ 中嶋屋謹製 焼きあごだし 800cc(だしパック1、水500ccで煮出した物)  □ 結び昆布 4個  □ こんにゃく 100g  □ 大根 200g  □ かまぼこ 適量  □ 酒 大さじ2  □ 塩 小さじ1/2  □ 淡口醤油 小さじ1  □ みりん 大さじ1

[つくりかた]
1. 大根は約3㎝の厚さに切って皮をむく。片面に十字に切り込みを入れて下茹で する
2. こんにゃくは塩をまぶして水分を取り、熱湯をかける
3. かまぼこは食べやすい大きさに切る
4. 鍋に焼きあごだし、酒、塩、淡口醤油、みりんを入れて沸騰させ、結び昆布、こん にゃく、大根を加えて再沸騰したら中火にして約30分程コトコト煮る
5. かまぼこを加えて弱火で煮込み、味が染み込んだら火を止める
TIPS!
お好みで練りからしや柚子こしょうを付けてお召し上がり下さい。

RECIPE 3

牛肉じゃが

[材料]
□ 中嶋屋謹製 焼きあごだし 1パック  □ 牛肉 200g  □ 玉葱 1個   □ 人参 100g  □ じゃがいも 300g  □ 糸こんにゃく 100g  □ 水 500cc  □ 砂糖 大さじ1  □ みりん 大さじ3  □ 酒 大さじ1  □ 醤油 大さじ5  □ ごま油 適量

[つくりかた]
1. 牛肉は3㎝幅に切り、玉ねぎはくし切、じゃがいもは乱切りにして水にさらして おく、人参はじゃがいもより少し小さめに切る
2. 鍋にごま油をひき、牛肉を炒める
3. 牛肉にさっと火が通ったら、玉ねぎ、人参、糸こんにゃく、じゃがいもの順に加え て炒める
4. 全体に油がなじんだら、焼きあごだし(中身)と水を加えて、灰汁を取りながら 弱火で煮込み、残りの調味料を加え、野菜が柔らかくなるまで煮る

スタッフのおすすめ

画像

平戸産焼きあごに真昆布をあわせた、芳醇な旨味と深いコクが広がる万能あごだしパック

中嶋屋本店謹製 焼きあごだし / 10パック入
¥1,000 (税込 ¥1,080)
オンラインストアで買う

画像
 

原木椎茸の大産地 宮崎の
乾椎茸専門店と作った「原木椎茸だし」

「岡田商店謹製 原木椎茸だし」は、宮崎産の原木椎茸と5種の野菜、昆布を合わせた野菜の旨み、甘さ、香りの良い味わいが特徴です。和風にも洋風にも使え、スープや炊込みご飯など幅広くお使いいただけます。

― 美味しいだしの取り方 ―
1. 鍋に水500ccを沸騰させ、だしパック1袋を入れてください。
2. 中火にし、10分程度煮出し、火を止めてからパックを取り出してください。
画像

つくり手の紹介

岡田商店 (宮崎)

宮崎県の北部、美郷町で原木椎茸の大産地に乾椎茸の問屋として大正元年に創業した『岡田商店』。生産者も顔見知り。生産地も顔見知り。その事を誇りに全国に、世界に原木で育った乾椎茸を届けています。

画像

「岡田商店謹製 原木椎茸だし」を使ったレシピ

画像

RECIPE 1. タジャスカオリーブご飯
RECIPE 2. 野菜のポトフ
RECIPE 3. 野菜のお雑煮

RECIPE 1

タジャスカオリーブご飯

[材料]
□岡田商店謹製 原木椎茸だし(だしパック1、水500mlで煮出した物)400cc  □米 2合(300g)  □タジャスカオリーブのオイル漬け 100g  □タジャスカオリーブのオイル漬けのオイル 12g
[つくりかた]
1. 米を洗い30分浸水する
2. 炊飯器に水気をよく切った米と原木椎茸だし、油を切ったオリーブの実、分量のオイルを入れて炊飯する
TIPS!
お好みで塩を加え、セミドライトマトを加えても美味しくいただけます。

RECIPE 2

野菜のポトフ

[材料]
□ 岡田商店謹製 原木椎茸だし 2パック  □ 水 1000cc  □ 塩 小さじ1  □ にんにく 1片  □ ローリエ 1枚  □ ソーセージ 2本  □ キャベツ 1/4個  □ 玉ねぎ 1個  □ じゃがいも 1個  □ 人参 1本

[つくりかた]
1. じゃがいもと人参を大き目の乱切り、玉ねぎは1/4、キャベツは1/8に切る
2. 鍋に切った野菜、ソーセージ、水、原木椎茸だし(中身)、塩、にんにく、ローリエを入れ中火にかける
3. 15~20分程、野菜に火が通るまで煮込む

RECIPE 3

野菜のお雑煮

[材料]
□ 岡田商店謹製 原木椎茸だし 1パック  □ 原木乾しいたけ 3個  □ 里芋 3個  □ 人参(厚さ5㎜)3枚  □ 餅 小3個  □ 淡口醤油 大さじ2  □ みりん 大さじ2  □ 塩 適量  □ 水 700ml  □ 三つ葉、柚子の皮 適量

[つくりかた]
1. ボウルに分量の水と原木椎茸だしパック、乾しいたけを入れ、冷蔵庫で一晩かけて戻す
2. 1の乾しいたけが完全に戻ったら、鍋に入れ火にかける。沸騰したら5分程煮る
3. 人参は皮をむき、好きな形にくり抜く。里芋は軽く下茹でする(6~8分)
4. 2に3と調味料を入れ、さらに5分ほど煮ながら、味を見て塩で調節する
5. 野菜、焼いた餅を椀に入れ4を静かに注ぎ、三つ葉、柚子皮で彩りを添える

スタッフのおすすめ

画像

宮崎産原木椎茸に野菜をあわせた、凝縮された旨みと甘みが広がる万能野菜だしパック

岡田商店謹製 原木椎茸だし / 10パック入
¥900 (税込 ¥972)
オンラインストアで買う