商品検索

今、美味しいフルーツをジャムに - 7月 -

プロダクト 2017.07.13
画像

夏の暑さで疲れた体に取り入れたい、ふたつのジャムが出来上がりました。爽やかな酸味と鮮やかな色を活かした「ルバーブ」、生食用のあんずを贅沢につかった果実感たっぷりの「アプリコット」。旬の味わいをおたのしみください。

画像

ルバーブ
爽やかな酸味と鮮やかな色を活かしたジャムに。

品種名: クリムゾンルバーブ
おもな産地: 北海道
果実の特徴: フキに似た葉と茎をもつ、チベット原産のタデ科の植物。食されるのは茎のみで、カロリーは低く、繊維質を多く含み、赤身の強いもの程アントシアニンも豊富に含んでいます。強い酸味とフルーティーな風味から「畑の果物」とも呼ばれています。


今回ジャムづくりに選んだのは、深紅色で太い茎を持つ「クリムゾンルバーブ」。米オレゴン州で赤い茎に特化した改良と栽培が続けられた良質な高級品種で、日本では大変希少な品種です。

このルバーブを生産している『岩さき農場』では、ルバーブの栽培は1993年から行われており、当時、農業実習のため渡米していた4代目園主が現地で食べたルバーブパイに感銘を受け、米オレゴン州の生産組合が門外不出で生産しているクリムゾンルバーブの株を、他人に譲らない条件で分けてもらいスタートされました。
甘酸っぱく、フルーティーな味わいのこの季節にぴったりのジャムに仕上がりました。

画像
画像

あんず
優しい甘みとジューシーな果実感たっぷりのジャム

品種名: 信州大実
おもな産地: 長野
果実の特徴: 新潟大実とアーリーオレンジを掛け合わせた「信州大実」。甘みが多く酸味が少ないこの品種は一般的には生食用として流通しています。あんずの栄養は酸味の主成分であるリンゴ酸・クエン酸などの有機酸で、疲労回復に効果があるとも言われており、夏の暑さで疲れた体にもおすすめです。


生食用として流通している「信州大実」のみを贅沢に使用し、あんず本来の甘みとほのかに酸味を感じられるようにできるだけ糖度を低く仕上げています。熟した生食用のあんずを使用しているため、ジャムを煮る際に果実が潰れてしまいやすいのですが、最大限に粒が残るように丁寧に作られています。

シンプルにバケットやヨーグルトと合わせるのも、暑い夏の日にはソーダ割りにしてすっきりとした甘さのドリンクにしてもおすすめです。

画像

スタッフのおすすめ

画像

シーズナルジャム
クリムゾンルバーブ / アプリコット 各¥1,300(税込¥1,404)
※期間限定商品のため、なくなり次第終了となります。

発売日: 7月15日(土)~ 
取扱店舗: マーケット店舗

店舗一覧をみる>>>