商品検索
水谷養蜂園

水谷養蜂園自然からの恵みは、そのままに
1912年創業から変わらない「水谷養蜂園」

アカシアやレンゲ、クローバーなどの花からミツバチが蜜を採り、巣箱にたまった蜜を採取する。1912年創業の水谷養蜂園は、創業当時から変わらない養蜂を続けている養蜂一家だ。

四代目当主の水谷友彦さんは、「蜂が花から蜜をもらい、その蜜を私たちは分けてもらっている。祖父にあたる二代目の清一から、『自然からの贈り物はそのままが一番。手を加える必要はない』と教えられました。受け継がれてきた大事な信念ですし、それこそが“自然のはちみつ”の証明なのです」と語る。

手を加えないために、水谷養蜂園では独自のフィルターで不純物を取り除くことしかしない。高熱処理によって蜜の色や香りが劣化したり、栄養素が壊れてしまわぬように、ありのままの恵みをなるべくそのまま瓶に詰めている。

また、ひとくちに「はちみつ」といっても、花の種類や風土によって味わいが異なる。そのため水谷養蜂園では20年ほど前から世界を巡り、世界の養蜂家とともに良質なはちみつ作りに取り組んでいる。

「手つかずの自然が残るニュージーランドやカナダ、“薔薇の谷”と呼ばれるブルガリア、日差しが降り注ぐメキシコなど、外国産はコクがあって味わいが濃厚。日本は水分が多くてあっさりしていますね。それぞれに合う食材と組み合わせて、自由に楽しんでもらいたい」。

美味しいはちみつを採るために、花を咲かせる運動もしているという水谷さん。自然の摂理に従うしかない養蜂だからこそ、その自然との共存の道をつねに手繰り寄せながら、今日も世界を飛び回っている。

水谷養蜂園四代目当主の水谷友彦さん。はちみつのトレーサビリティにも力を入れ、顔が見え信頼できる養蜂家とともに安全で美味しいはちみつを集めます。(写真はカナダの養蜂家と)

SPECIAL ISSUE

  • 京都の伝統を旅する

    京都の伝統を旅する

他のコラムを読む

  • 京都の伝統を旅する

    京都の伝統を旅する

  • あさりの白ワイン蒸し アーリオオーリオペペロンチーノ風味

    あさりの白ワイン蒸し アーリオオーリオペペロンチーノ風味

  • アラビアータソースのピザトースト

    アラビアータソースのピザトースト

  • ツナと唐辛子のファルファッレ

    ツナと唐辛子のファルファッレ