商品検索
松之助

松之助素朴だけど忘れられない、
ママの味を召し上がれ。

「アメリカン・ケーキは、本来家庭で作るもの。家庭で作れば、アメリカのダイナーやお店で売られているものと違って甘くないですよ」と語るのは、『松之助』をプロデュースする平野顕子さん。アメリカ北東部に位置するニューイングランド地方の伝統的なケーキを作り、その優しい味わいを広めている。

平野さんが作るケーキの代表格は、アップルパイ。とは言え、薄いパイ生地が幾層にも重なりリンゴがジャムのようなヨーロッパのパイとは別物。まず、パイ生地はバターとショートニングの塊を点在させる。そうすることで、さっくりとした食感を生む。また、リンゴを生のままパイ生地の中に入れ、リンゴそのものの美味しさをたのしむ。それが、アメリカのパイの味。

「ヨーロッパのケーキは宮廷で仕えていたシェフが町で広めたけど、アメリカのケーキはママの手作り。私の見解では、ヨーロッパのケーキが絹の味なら、アメリカのケーキは木綿の味。木綿には木綿の良さがあるでしょう?」

子供達も成長し、40歳を過ぎた頃。平野さんは、若い頃渡米したものの事情があり果たせなかった、大学卒業を目標に、単身渡米する。その際、家庭の手作りケーキに出合う。

「元々知り合いだった教授が、歓迎会でお手製のポピーシードケーキを出してくれて。それが、すごく美味しかったんです」。それは、曾祖母の代から家庭に伝わるケーキの味だった。平野さんは、教授に「ニューイングランド地方に限定したケーキを、日本へ持ち帰ったら?」と勧められ、早速ケーキの先生の元を訪ねる。その一人が、アップルパイコンテストで優勝したシャロル・ジーン先生だった。そのレシピを、平野さんは再現している。

今でも家族のような付き合いをしている先生から、パイやスコーンなどニューイングランド地方の伝承的スイーツを伝授してもらった平野さんは、帰国後、2000年10月に京都本店 『松之助』、2004年3月には代官山に『松之助N.Y』をオープン。販売はもちろん、教室も併設し、アメリカン・ケーキの作り方を広めている。

日本の料理には砂糖や味醂が使われるが、アメリカでは料理に砂糖を使わない。そのため、デザートで甘い物を食べる習慣がある。食後に、ママが焼いたスイーツを家族で囲んでいただくのだ。

「ケーキは家族の絆のようなもの。人と人を結ぶ媒体というのかしら。ケーキを囲んで会話が生まれる。お母さんの手作りの味を食べれば、愛されているという実感が湧くと思うんです。素朴だけど、本当に美味しい」

豪勢ではないけれど、また食べたくなるのが、ママの手作りの味。お袋の味とは日本でも言われるが、アメリカにもある。それが、平野さんの作る、優しくて素朴なアップルパイ。

京都の能装束織元の家に生まれた平野顕子さん。草木染めや生糸など良い材料を使わないといけないという教えは、ケーキの素材へのこだわりに活かされている。

SPECIAL ISSUE

  • 京都の伝統を旅する

    京都の伝統を旅する

他のコラムを読む

  • 旅する DEAN & DELUCA 四国編

    旅する DEAN & DELUCA 四国編

  • 京都の伝統を旅する

    京都の伝統を旅する